LogicMonitorを使用したAzureMariaDBインスタンスの監視

LogicMonitorのベストプラクティスブログ

2009年にリリースされたMariaDBは、MySQLリレーショナルデータベース管理システムの人気のあるオープンソースフォークです。 MariaDBはMySQLのドロップイン代替として意図されているため、データとテーブルの定義、プロトコル、構造、およびコネクタは、移行するためにほとんどまたはまったく変更する必要がありません。 MariaDBには、インデックスとキャッシュの高速化、接続スレッドプールの増加、より多くのストレージエンジンのサポートなど、いくつかの拡張機能も含まれています。

Azureのマネージドデータベースサービス データベースを自分で実行することに通常関連するコストと管理のオーバーヘッドを削減し、高可用性や自動バックアップなどの他の利点を提供します。 LogicMonitorは最近、AzureMariaDBマネージドインスタンスの監視範囲を追加しました また、MariaDBパフォーマンスメトリックを測定して警告するためのデータソースを提供します。 これらのメトリックは、MariaDBマネージドインスタンスの動作に関する洞察を提供し、既存のクラウドおよびオンプレミスインフラストラクチャとともにデータベースインフラストラクチャのパフォーマンス、可用性、および信頼性をすべてXNUMXつのウィンドウから維持するために重要です。 

いったん Azure環境を追加します 新しいMariaDBサービスを有効にすると、データベースインスタンスが自動的に検出されます。 LogicModuleが最新でない場合は、リポジトリを参照して、 インポート データの収集を開始するためのAzureMariaDBデータソース。

データベース接続、メモリ使用量、およびストレージの詳細

管理対象インスタンスには、SKUやバックアップ保持などの有用なメタデータが自動的に入力されます。 これらのプロパティを利用して、レポートを通じて在庫を管理したり、これらの値に基づいてリソースを動的にグループ化したりすることができます。

地理的に冗長なバックアップステータスを含む、インスタンスの自動プロパティ。

 

LogicMonitorは、Azure Monitorから直接ポーリングし、アクティブな接続と失敗した接続の数、メモリとCPUの消費、ストレージの使用状況など、使用可能なすべてのデータポイントの入力を開始します。 デフォルトのアラートしきい値は、潜在的な問題が検出されたときに高度な通知を提供します。 ベストプラクティスとして、次のデータポイントを監視することをお勧めします。

  1. CPUパーセント:パフォーマンスを追跡するときは、CPU使用率を監視することが重要です。 デフォルトでは、これが90%の範囲に近づくとアラートが表示されます。 より高い持続使用量は、割り当てられたCPU容量がワークロードに対して適切でないことを示している可能性があり、ここでの継続的なアラートは、サーバーに追加のvCoreを割り当てる必要があることを示している可能性があります。
  2. メモリパーセント:CPU使用率と同様に、LogicMonitorはMariaDBインスタンスからのメモリ消費量を測定します。 メモリが長時間フル使用に近づくと、アラートがトリガーされます。 AzureはCPUに基づいてメモリを割り当てるため、vCore数を増やすか、サーバーをより高い価格帯にアップグレードすると、解決に役立つ場合があります。
  3. 接続に失敗しました:これは、データベースへのXNUMX秒あたりの失敗した接続の数を追跡します。 以来 Azureは制限を設けています 階層に基づいて設定できる接続の最大数について、LogicMonitorは、失敗した接続の数がゼロに等しくない場合にアラートを出します。これは、制限に達したことを示します。

AzureのマネージドMariaDBインスタンスを使用すると、クラウドでデータベースを簡単に実行できます。LogicMonitorの広範なクラウドとオンプレミスの監視により、環境のパフォーマンスをさらに詳しく知ることができます。 無料トライアルまたは 無料のデモを予約する 今日!

ティム・グズマン

Tim Guzmanは、LogicMonitorの従業員です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET