ビジネス継続性のためのAWSサービスのモニタリング

ビジネス継続性のためのAWSサービスのモニタリング

アマゾンウェブサービス(AWS)は、アプリケーション管理、機械学習、エンドユーザーコンピューティングなどを支援するツールを提供します。 AWSを利用するユーザーは、おそらくAWSが提供する多くのサービスを組み合わせています。 LogicMonitorは、これらのサービスからのデータを統合し、クラウド内であろうとオンプレミス内であろうと、ユーザーがインフラストラクチャの他の部分と並べて監視できるようにします。 ビジネスの継続性を確保するためにこれらのサービスのいくつかを監視するためのヒントを読み続けてください。

AWSOpsworksスタック

クラウドベースのコンピューティングには通常、ロードバランサー、アプリケーションサーバー、データベースなどの多くのコンポーネントが含まれます。元のサービスであるAWS OpsWorks Stacksは、スタックとアプリケーションを作成および管理するためのシンプルで柔軟な方法を提供します。 AWS OpsWorks Stacksを使用すると、スタック内のアプリケーションをデプロイおよびモニタリングできます。 CloudWatchを介して、スタックの集計メトリックスを取得できます。これは、スタック内のリソースの全体的な状態を理解し、問題を防ぐのに役立ちます。 収集されたメトリックは、次のように分類できます。

  • CPUパーセンテージ
    • エントルピー
    • ユーザー
    • 入出力操作
  • メモリ
    • 合計
    • キャッシュされた
    • Free
    • 緩衝
  • 平均負荷
    • 1の時間(分)
    • 5分
    • 15分
  • プロセス
    • トータルアクティブ

同じリソースのスタックはレイヤーと呼ばれます。 たとえば、レイヤーは、アプリケーションの提供やデータベースサーバーのホストなど、特定の目的を果たすEC2インスタンスのセットを表します。 これらのレイヤーは、LogicMonitor内で監視することもできます。 LogicMontorのAWSの堅牢なカバレッジにより、サービスのすぐに使用可能なデータソースを介してレイヤーの個々のリソースメトリックを表示することもできます。

AWS AppStream 2.0

Amazon AppStream 2.0を使用すると、組織はデスクトップアプリケーションを管理し、それらを任意のコンピューターに安全に配信できます。 このサービスは、ユーザーが電力不足のマシンでリソースを大量に消費する可能性のあるプログラムを実行するのに役立ちます。 AppStreamは、CitrixまたはMicrosoftのリモートデスクトップに似ています。 フリートの容量と使用率を監視することが不可欠になります。 シンプルなダッシュボードを使用して、現在の容量と残りの容量、および容量の使用率を追跡できます。 容量不足エラーが発生すると、LogicMonitorは自動的にアラートを送信します。

LogicMonitorでのAppSteamフリートステータスの概要。

AWS コネクト

カスタマーサービスはかつてないほど重要であり、人々は迅速で質の高い対応を望んでいます。 Amazon Connectは、企業が低コストで優れたカスタマーサービスを提供するのに役立つ、使いやすいオムニチャネルクラウドコンタクトセンターです。 このサービスを利用する場合は、サービスのステータス、通話量、割り当て、不在着信などの指標を追跡すると便利です。

不在着信、電話番号の設定ミス、同時通話の割合、アップロードエラーの記録に関するすぐに使用できるアラートにより、問題のある状況を常に把握できます。

AWS セージメーカー

AWS SageMakerは、すべての開発者とデータサイエンティストに、機械学習モデルを迅速に構築、トレーニング、デプロイする機能を提供するフルマネージドサービスです。 ユーザーは、特にSageMakerモデルが本番環境で使用されている場合に、複雑なインフラストラクチャ全体で稼働時間とパフォーマンスを確保するために、既存のインフラストラクチャとともにこのサービスを監視したいと考えています。 SageMakerエンドポイントは、LogicMonitorのリソースとして検出されます。

各エンドポイントには、独自のCPU、メモリ、およびディスク使用率のメトリックがあります。 これらはすべて、自動アラートと通知の事前定義されたしきい値を持っています。 LogicMonitorは、呼び出されたHTTPリクエストの総数を追跡し、5XXエラーがある場合にアラートを出します。 モデルのレイテンシーとSageMakersのオーバーヘッドをベースライン化できます。 これらのベースラインを使用すると、新しいモデルがデプロイされたときの変更を把握したり、A / Bデプロイメントを実行したときのレイテンシーの違いを確認したりできます。

私たちは最近、私たちへのコミットメントを強調しました AWSパートナーシップ、および当社の開発者は、新しいAWSモニタリング統合を開発し続けています。 これが以前のブログのハイライトです AWS分析サービス 影響により アプリケーション開発サービス。 これらの新しい統合はすべて、 LMクラウド 募集。 LM Cloudをご利用で、すでにこれらのAmazonサービスのいずれかを利用している場合、LogicMonitorはこれらの指標の収集を自動的に開始します。 

これらの新しい監視統合に関して質問がある場合は、CSMに連絡するか、詳細についてお問い合わせください。 またはあなたはすることができます LogicMonitorを無料でお試しください

フアン・カルロス・レイエス

Juan Carlosは、2014年のFightin'Texas Aggie Classの大声で誇り高いメンバーです。彼は、DynatraceやNewRelicなどのAPMツールを使用するパフォーマンスエンジニアとして4年以上の経験があります。 余暇には、妻と一緒に長いハイキングや国立公園の探索を楽しんでいます。 楽しくてエキサイティングなボードゲームを知っているなら、彼は新しいゲームを試すのが大好きなので、必ずメモを残してください。 ありがとう、ギグ!

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET