27月2012日, XNUMX

CentOS6.2でのパフォーマンス向上の測定

最近、一部のサーバーをCentOS5.6からCentOS6.2に更新しました。 もちろん、ホストのパフォーマンスを注意深く監視したので、パフォーマンスを比較することができます。 Cent OS 6のアプリケーションで適用した大きな変更の3つは、ext4からextXNUMXへの切り替えでした(ただし、TRIMはまだ有効になっていません)。

ホスト上で他に何も変更されていません–同じハードウェア(この場合はSun X4170)、同じディスク(RAIDのIntel SSD)、同じワークロード、同じアプリケーションバージョン。

異なるパフォーマンス。 パフォーマンスの向上、これは良いことですが、理由は不明です。

私たちが最初に目にしたのは、SSDがビジー状態であった時間が大幅に短縮されたことです(最初は暗い線のあるマシンに負荷がかかっています。その後、同じ負荷が緑色の線のあるマシンに転送されます)。 これは、SSDがビジーであった時間のプロットです。

SSDでのディスク操作を見ると、両方のシステムが同じ量の書き込みを行っていますが、物理ディスクの読み取りは700秒あたり約340からXNUMXに減少しています。 (SSDが大好きです!)

これらのシステムはスワップせず、InnoDBバッファーキャッシュミスがなく、どちらの場合も同じハードウェア、アプリケーション、および負荷があります。唯一の変数はCentos 5〜6です。

したがって、ディスク読み取りを少なくする必要がある理由を説明することはできませんが、おそらく仮想メモリシステムにいくつかの変更が加えられました。 何か.. より効率的な。

重要なのは、それを測定していたので、それを見ることができたということです。 そうすれば、私たちはそれを知ることができます。逆になってパフォーマンスが悪化する可能性があることを考えると、変更がシステムに与える影響について知ることが不可欠です。 (もちろん、ロールアウトする前に、非実稼働システムでこの変更を確認しました。)

インフラストラクチャに加えた変更の影響を追跡していますか?