LogicMonitorのレビュー年:アーキテクチャとリリースプロセス

LogicMonitor開発ポスト

2016年のレビューバナー-近年の年次レビューまたは要約-ヴィンテージ活版印刷木材タイプのブロックの孤立した単語の要約

これは、2016部構成のYear inReviewブログシリーズのパートIです。 LogicMonitorチームがXNUMX年に他に何をしていたかを確認してください。 自動化と拡張性, データの視覚化実用的なデータ

LogicMonitorチームは、2017年に向けてすでに全力を尽くしています。 私たちは順調に進んでいます 最初のリリース 今年の、そして私たちの製品のために店にある新機能の連祷に興奮しています。 しかし、私たちが塹壕に深く入り込む前に、2016年に私たちのビジネス、顧客ベース、および製品が経験した主要なマイルストーンを検証する一連のブログ投稿を公開します。

コアテクノロジーアーキテクチャとリリースプロセスへのいくつかの変更に焦点を当てて、このシリーズを開始しましょう。 これらの変更は通常、舞台裏で行われるため、多くの場合、それにふさわしいファンファーレを得ることができません。 それにもかかわらず、それらはLogicMonitorが製品の粒度と動的性の両方で驚異的な進歩を遂げるのに役立ちました。

TSDB

LogicMonitorの2016年の成果の最前線近くで、ラウンドロビンデータベース(RRD)を 新しい時系列データベース(TSDB)。 LogicMonitorではデータが重要であり、当社のプラットフォームはその証拠です。当社は、顧客ベース全体で100日あたり約800,000億の個別のメトリックを収集しています。 将来の問題の修正とパフォーマンス評価のために、これらのデータポイントの最後の11,200つを効率的に保存できるようにするために、ノードあたり2017秒あたりXNUMXをはるかに超える挿入を処理できる独自のTSDBを構築しました。これに対して、プレミアが存在する場合はわずかXNUMXです。時系列データベース。 お客様にとって、これは、収集されてから最大XNUMX年間、個々の生データポイントにドリルダウンできることを意味します。 このようなきめ細かいストレージにより、高度なイベント相関およびデータ視覚化機能の設計を開始することもできました。これらの詳細については、XNUMX年に発表される予定です。

サービス指向アーキテクチャー

私たちの製品がTSDBのようなものと増え続ける機能のリストでますます洗練されるにつれて、私たちは サービス指向アーキテクチャー(SOA) バックエンドが追いつくことができるようにするため。 これは、LogicMonitorプラットフォームの個々のコンポーネントを単一のモノリシックアプリケーションに構築するのではなく、それらを区分化することを意味しました。 この変更は、次のXNUMXつの点で大きな前進です。

  1. これにより、新しい機能を展開する際に非常に柔軟になり、同時にダウンタイムを最小限に抑え、場合によっては排除することができます。 新しいコードセットをリリースするたびにモノリシックアプリケーション全体を再パッケージ化、SDT、アップグレードする代わりに、各サービスを独自のホスト(またはコンテナ)専用にすることで、一般的なアプリケーションのダウンタイムを回避し、コードの展開を関連する機能に分離できます。 さらに、キュー管理システムを使用することにより、アップグレードされた機能でさえ、展開中にクライアントがアクセスできるようになります。  
  2. ソフトウェアの各コンポーネントに専用のリソースを用意することで、潜在的な技術的問題が発生している場所に関して固有の透明性が得られます。 これにより、トラブルシューティングと解決までの時間に費やす必要のあるリソースが大幅に削減されます。 として パフォーマンス監視 ソフトウェア会社では、独自の監視のベストプラクティスに従いたいと考えています。 コンポーネントを簡単に作成できます、DevOpsチームの生活が楽になります。 


コレクターの展開

最後に、もちろん重要なことですが、リリースのプロセスを見直しました。 新しいコレクターバージョン。 2016年の終わりにこの変更を実装して以来、これを「2015 Year in Review」ブログに含めることで、イーグルアイのお客様は少しごまかしていることに気付くかもしれません。それでも、製品とお客様の両方に幅広い影響があります。ベースは、このリストのスポットに値します。

以前は、LogicMonitorには一度にXNUMXつのアクティブなコレクターバージョンしかなく、すべての顧客がアップグレードする必要がありました。 それ以来、コレクターのバージョンをXNUMXつの異なるカテゴリに分類してきました。

  1. 必要な一般リリース: アプリケーションの変更を適切にサポートするために、すべてのお客様がアップグレードする必要がある安定したコレクターバージョン。
  2. オプションの一般リリース: 安定したベータ後の機能を備えているが、アップグレードには必要のないコレクター。
  3. 初期リリース: ベータ機能を含むコレクター。


この新しい展開モデルを使用して、要望の多かった新機能をサポートするベータコレクターを展開すると同時に、継続的なアップグレードを望まないお客様向けに安定したバージョンを維持できます。 全体として、これにより、コレクターのリリースに関して、お客様により多くの柔軟性と選択肢が提供されます。

これらの改善を実装する機会は、LogicMonitorチームの全員にとってすでに信じられないほど満足のいくものです。 ただし、これらの変更がパフォーマンス監視にどのように役立ったかについて、特にお客様からのご意見をお待ちしております。 だから、あなたのストーリーを共有するためにフィードバックボタンを使って私たちに連絡してください! また、2016年のレビューブログシリーズのパートIIにも注目してください。

サム・マレン

Sam Mallenは、LogicMonitorの従業員です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET