LogicMonitorの調査では、デジタルトランスフォーメーションとAIがパブリッククラウドの採用を推進していることがわかりました

プレスでのLogicMonitor

パブリッククラウドへの移行は始まったばかりです。 LogicMonitorが発表した新しい調査によると、回答者の企業の大多数は、2020年までにITワークロードをデータセンターからクラウドに移行することを計画しています。

LogicMonitorによると、今日のクラウドへの移行の主な推進要因には、デジタルトランスフォーメーション、ITの俊敏性、DevOpsが含まれます。 2020年までに、インテリジェントデバイスの爆発的な増加に伴い、IoT、AI、機械学習テクノロジーが移行の背後にあります。

続きを読む: SDタイムズ

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET