LogicMonitorとRightScaleの統合

LogicMonitor開発ポスト

Ethan Culler-Mayeno、統合エンジニア

 「雲は、雲のように見える大波の上に大波の上に大波でできています。 雲に近づくと、滑らかなものは得られませんが、小規模では不規則になります。」

 〜ブノワ・マンデルブロ

エンドユーザーから見たクラウドは、インターネット接続によってのみ制限されるシームレスな機能とパフォーマンスに満ちた素晴らしいツールです。 実は、これらの雲を構成する「水粒子」は機械です。  そして、マシンは失敗します。 AmazonのEC2、Rackspaceなどのクラウドプロバイダーを使用することで、マシンと自分自身の間に抽象化レイヤーを追加し、エンドユーザーの不思議を共有することができます。

落とし穴があります。抽象化レイヤーを追加すると複雑さが増し、複雑になると問題が発生する可能性が高くなります。 さらに、物理マシンの状態を心配する必要はありませんが、クラウドインスタンスのCPU、メモリ、またはディスクスペースが不足すると、アプリケーションがヒットします。 したがって、手作りのサーバーを世界中のデータセンターに出荷する場合でも、クラウドプロバイダーから新しいマシンを起動する場合でも、管理と監視の必要性が最も重要です。 しかし、恐れることはありません! LogicMonitorのホストされたフルスタックのデータセンターモニタリングがRightScaleのクラウドコンピューティング管理と統合されているおかげで、RightScale管理対象ホストをLogicMonitorポータルに自動的に追加できます。 次回、トラフィックの急増により、いくつかのホストを起動する必要が生じた場合は、それらの監視が行われます。

RightScaleが提供するクラウド管理サービスとLogicMonitorが提供するフルスタックのSaaSベースのデータセンターモニタリングの間で、物理的および…曖昧なデバイスで何が起こっているかを正確に知ることができます。

RightScaleでLogicMonitorRightScriptを使用する方法

 

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET