2020年のレビュー:LogicMonitor製品の進歩

2020年のレビュー:LogicMonitor製品の進歩

2020年はようやく終わり、2021年に私たち全員が正常な感覚に戻ることを望んでいます。LogicMonitorでは、健全な年末の休憩から再び活気を取り戻し、今年の製品ロードマップの仕上げを行っています。 。 これは、私たちが直面したすべての課題にもかかわらず、2020年に達成したことを振り返る絶好の機会です。

16年に2020の製品リリースがあり、業界で最も包括的で拡張性があり、インテリジェントな可観測性プラットフォームになるという私たちの使命をさらに推進したことを誇りに思います。 ここでは、2020年にリリースされた注目すべき機能のいくつかを取り上げました。

にジャンプする:

LMログを使用したインテリジェントなログ監視

おそらく2020年の最大の新機能であるLMLogsは、ログデータを100%分析し、異常を識別し、メトリックやアラートとともにコンテキストに応じて表示してトラブルシューティングを高速化するインテリジェントなログ監視機能です。 ポータル内の新しいログページでは、分散環境全体のログを表示できます。 異常検出は、意味のあるイベントを表面化するのに役立ち、メトリックアラートとの相関により、よりシームレスなトラブルシューティングのために適切なログイベントをすぐに利用できるようになります。

LMログについてもっと知りたいですか? 開始 こちら.

新しいサードパーティアプリケーションの統合:ServiceNowとSlack

LogicMonitor用のServiceGraph Connectorと呼ばれるServiceNowとの新しいワークフロー統合は、以前のServiceNow統合によって提供されたCMDB統合機能を拡張します。 特に、データを双方向に同期できるようになり、LogicMonitorとServiceNowの両方で維持されているリアルタイムで正確な関連情報を使用して、信頼できる唯一の情報源を実現できます。 強化されたアラートとカスタマイズにより、顧客はそのデータをより有意義に管理できます。

Slackの新しいアプリも2020年にリリースされました。LogicMonitorとSlackの間のこの新しいアラート統合は双方向であり、LogicMonitorアラート通知をSlackにルーティングし、Slackからアラートを開いて確認し、SlackからSDTにリソースを配置する機能をサポートします。他の機能の中で。 

LogicMonitorのサービスグラフコネクタについて詳しく知りたいですか? 開始 こちら.

Slack用のLogicMonitorアプリについてもっと知りたいですか? 開始 こちら.

AWS、Azure、およびGCPクラウドサービスの対象範囲を拡大

LogicMonitorのクラウドモニタリングカバレッジは2020年に大幅に増加しました。2019年以降、AWSサービスカバレッジを60%、Microsoft Azureサービスカバレッジを30%拡大し、GCPサービスのカバレッジを150%でXNUMX倍以上に拡大しました。 対象範囲を追加した新しいサービスの例としては、AWS Elemental Services、Trusted Advisor、Step Functions、Elasticsearch、Azure Front Door、Load Balancer、Virtual Network Gateway、Backup、Site Recovery、GCP Cloud DNS、Cloud VPN、CloudRunなどがあります。 、Cloud Composer、Compute Engine Autoscaler、Bigtable。

LogicMonitorは、カバレッジの拡大を補完するものとして、グローバルな顧客ベースのニーズを満たすために、XNUMXつの新しいAWSリージョンとXNUMXつの新しいAzureリージョンのサポートも追加しました。

クラウドモニタリングについてもっと知りたいですか? 開始 こちら.

自動スケールモニタリングカバレッジに対するKubernetesの更新

クラウドモニタリングカバレッジと同様に、LogicMonitorのKubernetesモニタリングカバレッジも2020年に大幅に増加しました。エンドポイント、エンドポイントスライス、CoreDNS、およびHPAリソースをモニタリングするために、すぐに使用できるカバレッジを拡張しました。 また、新しいクラスターとの互換性を確保するためにKubernetes 1.16-1.18のサポートを追加し、AWSBottlerocketコンテナーに最適化されたOSのサポートを追加しました。

このすべての成長に対応するために、検出フィルタリングが実装され、監視に追加されるものをより適切に制御できるようになりました。 さらに、自動再試行とLM APIのレート制限の互換性を実装して、リソースの追加、削除、更新を確実に成功させることで、パフォーマンスが大幅に向上しました。

Kubernetesモニタリングについて詳しく知りたいですか? 開始 こちら.

AIOps早期警告システム:動的しきい値を介した異常なメトリックのアラート

2019年後半に、LogicMonitorは動的しきい値をリリースしました。これは、アラートのトリガー値が異常検出アルゴリズムによって異常と見なされなかった場合に、アラート通知ルーティングを抑制することができました。 2020年半ばに、動的しきい値の機能を大幅に強化して、予想されるデータ範囲外の値に対して自動アラートを提供し、チームがより効率的に運用し、異常をより早く検出できるようにしました。

動的しきい値について詳しく知りたいですか? 開始 こちら.

LogicMonitor早期警告システム内で赤で示されているメッセージサイズの異常

アラート概要グラフによる根本原因のより迅速な理解

データポイントによってトリガーされるアラートの詳細に、新しいアラート概要グラフが追加されました。 このグラフは、データポイント用に収集された60分のデータをプロットし、LogicMonitor UI([アラート]ページ)と配信された電子メール通知の本文の両方に表示されます。 アラートをトリガーした値とともに、予想されるデータポイント値の範囲(異常検出アルゴリズムに基づく)を備えており、アラートの根本原因をより迅速に理解できます。

アラートの概要グラフについて詳しく知りたいですか? 開始 こちら.

堅牢なネットワークトラフィックフローモニタリング

2020年は、まったく新しいレベルのネットワークトラフィックフロー(NetFlow)モニタリングをLogicMonitorプラットフォームにもたらしました。 特に、トラフィックを生成するアプリケーションの堅牢な識別を可能にするネットワークベースのアプリケーション認識(NBAR2)プロトコルのサポートを追加しました。 NBAR2の追加により、NetFlow、JFLOW、sFlow、およびIPFIXがすでに含まれているサポートされているネットワークトラフィックプロトコルのスイートがうまく完成します。

2020年を通じて行われたその他のネットワークトラフィックフローの強化には、拡張されたより統合されたIPv6、明示的なトラフィックをより正確に特定できるようにするフィルタリングの粒度の向上、およびXNUMX秒あたりのフローの容量の大幅な増加につながる多数の内部効率が含まれます。コレクターによって快適に監視されます。

ネットワークトラフィックフローの監視について詳しく知りたいですか? 開始 こちら.

LogicMonitorの上位アプリケーションによるネットワーク帯域幅の表示
どのアプリケーションが最も帯域幅を消費しているかの表示

アラートページの更新

2020年に、LogicMonitorはアラートページの重要なUI拡張機能をリリースしました。 新しいUIにより、データ密度の向上、専用の詳細サマリービュー、タスクを実行するためのクリック数の削減、読み込み時間の短縮など、多くの人が求めていた効率が向上しました。 効率の向上に加えて、新しいUIは、一括アクションメニューから一度に複数のアラートにエスカレーションおよび注釈を付ける機能などの新機能も提供しました。

アラートページのインターフェースについてもっと知りたいですか? 開始 こちら.

LMExchangeによる一元化されたLogicModule管理

LogicMonitorは、拡大を続けるLogicModuleのライブラリを提供し、企業が依存しているネットワーキングデバイス、アプリケーション、データベース、サービス、およびその他のシステムとツールをすぐに監視できるようにします。 2020年半ばに新しいExchangeページが導入されたことで、このライブラリの保守が大幅に容易になりました。

Exchangeページはポータルにあり、LogicModuleの集中ビューを提供します。 このビューには、ポータルにローカルに存在するLogicModuleだけでなく、LogicMonitorのグローバルリポジトリで使用可能なすべてのLogicModuleが含まれます。 これは、LogicModule管理の新しいホームです。

LM Exchangeについてもっと知りたいですか? 開始 こちら.

ハイブリッド、マルチベンダーエンタープライズアーキテクチャ– Cisco SDWAN、HyperFlex、ビッグデータ、およびその他の数千のシステムを監視します

1,000年に2020を超える新しい監視LogicModuleをリリースしたと言っても過言ではありません。これらはすべて、企業が可視化する必要のあるさまざまなデバイス、クラウドリソース、サービス、システム、構成、トポロジ、ログにわたる新しく強化された監視を表しています。

数が多すぎて個別に名前を付けることはできませんが、2020年にすぐに使用できる監視範囲を導入した注目すべき新しいシステムには、Apache Hadoop、Fortinet、Office 365、Slack、Zoom、および多数のCiscoシステム(HyperFlex、Intersight)があります。 、ISE、Meraki、SD-WAN、UCS、WLCなど)。

2021年に向けて

LogicMonitorはさらに、2021年にイノベーションエンジンを強化し、「もっと見る」、「もっと知る」、「もっとやる」というテーマを継続する予定です。 「SeeMore」では、さまざまな人気のあるSaaSサービスとの迅速な統合により、対象範囲が拡大し、アプリケーションスタックのより深いところにピークを迎えます。 「KnowMore」の進歩には、LMログ機能の継続的な拡張と機械学習エンジンによるアプリケーションフロー分析が含まれます。 お客様は、オープンAPIベースのアプローチと、ワークフローを自動化するさまざまな統合により、「さらに多くのことを行う」ことができます。 2021年には、Ansible、Terraform、およびその他の広く展開されている自動化ツールをより深く統合して、「DoMore」戦略を進化させ続けています。 

LogicMonitorの機能について詳しく知りたい場合は、カスタマーサクセスマネージャーに連絡するか、 無料トライアルリクエスト.

ランジャン・ゴエル

製品管理担当副社長

Ranjan Goelは、LogicMonitorの従業員です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET