アイデア11カスタマースポットライト

LogicMonitorカスタマースポットライト:アイデア11

カスタマースポットライトシリーズのこの初版では、JamesKahnとBenGittinsが参加します。 アイデア11。 Idea 11は、デジタルトランスフォーメーション、クラウドインフラストラクチャ、ソフトウェア開発、マネージドサービスを専門とする、受賞歴のあるフルスタックのAWSIT企業です。 JamesとBenは、LogicMonitorが顧客のクラウド環境を監視するために選択されたツールである理由と、LogicMonitorの広範な機能セットによって顧客に可能な限り最高のサービスを提供する方法について説明します。 

インフラストラクチャと監視ベンダーを評価するとき、何を積極的に探していましたか?

(ベン)それの多くは、多くの異なる機能の適切な組み合わせを持っていることに帰着したと思います。 AWS中心性は非常に重要でした。 また、AWS統合コンポーネントを、ある種の取り組みではなく、ネイティブにすることも大きな要因でした。 LogicMonitorがAWSとの統合にアプローチする方法にはユニークなものがあると思います。 だから、それは確かに大きな決定要因でした。 しかし、それはまた、物事に関して他の多くの価値を提供しました。たとえば、オンコール管理を一元化するか、同じアプリケーションで行うことです。 以前のように個別のシステムを使用する必要がないことも、もうXNUMXつのボーナスです。

そして、LogicMonitorで解決しようとしていたビジネス上の課題は何ですか? AWSにネイティブに焦点を合わせる必要があるとおっしゃいましたが、他に何がありますか? 

(ジェームス)私たちはマネージドサービスプロバイダーであるため、このサービスをお客様に提供しています。 私たちの監視は基本的に、お客様の環境を維持するための最初の防衛線であり、お客様をオンラインに保つことを確認したいと考えています。 そのため、お客様に素晴らしいサービスを提供するために活用できる優れた監視が必要でした。 そして、手作業なしでその監視を拡張できるようにしたかったのです。 

振り返ってみると、最終的にIdea 11がLogicMonitorを選択した理由は何でしたか? 

(ベン)それは私たちにとって未分化で重労働の多くを排除しました。 また、私たちが得た柔軟性は、基本的に振り返って「はい、私たちはそれを行うことができます」と行くことができることを意味します。 それはそれの大きな部分です。 勝利の要因は、それが私たちが日常的に行うことを妨げないツールであるということです。 それは実際に私たちを助けます。

LogicMonitorがクラウド環境を監視したいプロバイダーであるのはなぜですか?

(ジェームズ)正直なところ、LogicMonitorの差別化要因は、機能セットの広さです。 あらゆる種類の異なるベンダーからのあらゆる種類のエッジケースを監視できる必要があります。 ネットワークデバイスからAWSのサーバーレスのもの、さらには従来のVMまたはEC2インスタンスまで。 LogicMonitorを使用すると、単一のツールを使用して必要なすべてを監視でき、LogicMonitorが特定の機能をサポートしていない場合は、それを自分で拡張することもできます。 

LogicMonitorの最大のメリットは何だと思いますか? 

(ベン)私にとって、すべてを自動化して監視できること。 通常、完全にゼロから何かを約束されるという道をたどると、すべてをゼロから構築しなければならないというトレードオフが発生します。 LogicMonitorは、そのスイートスポットにぴったりと収まり、高度に自動化でき、箱から出してすぐに非常に強力になると思います。 何も構築する必要がないので、それが最も強力な場所です。 最終的に、LogicMonitorを使用すると、お客様にプレミアムレベルのサービスを提供できるため、毎年監視を再発明することなく、SLAを達成してビジネスを拡大できます。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET