AzureVMスケールセットを監視する方法

LogicMonitorのベストプラクティスブログ

Azure仮想マシン(VM)スケールセットを使用すると、必要なコンピューティングリソースに基づいて、アプリケーションを実行しているVMの数を自動的にスケーリングできます。 VMスケールセットを使用すると、多数の仮想マシンを一貫して展開および管理しやすくなり、いつでも必要な最小限のリソースを使用して料金を支払うことができますが、監視に関するいくつかの課題も発生します。 VMは、事前に構成された基準に基づいて必要に応じて自動的に作成および終了されるため、監視を最新の状態に保つことが困難になる可能性があります。 さらに、アプリケーションは通常、VMスケールセット内の複数のVMで実行されます。 VMの頻繁な作成と終了と相まって、これにより、アプリケーションのパフォーマンスを長期にわたって一貫して表示することが困難になる可能性があります。 包括的な可視性を実現するには、監視ツールに、自動化されたリソース検出、Azure VMと実行中のアプリケーションの意味のあるメトリック、およびVMスケールセット内のVM間でデータを集約する機能を含める必要があります。

リソース検出を自動化する

たとえば、CPU使用率に基づいて自動スケーリングされるVMスケールセット内のVMの数を選択できます。 セット内のVMのCPU使用率が事前構成されたしきい値に達すると、新しいVMが追加されます。 同様に、VMのCPU使用率が事前設定されたしきい値を下回ると、セット内の既存のVMが終了します。 アプリケーションと基盤となるVMの包括的な可視性を維持するには、作成後に新しいVMをタイムリーに監視に追加し、終了したVMを監視から削除して混乱を避けることが重要です。 自動化されたソリューションがないと、監視を最新の状態に保つことが困難になる可能性があります。 これらのVMを監視に自動的に追加したり、監視から削除したりする動的検出機能を備えた監視ツールを使用する必要があります。 LogicMonitorは、Azure Resource Manager APIを使用して、新しいVMを自動的に検出して監視に追加し、終了したVMを識別して監視から削除します。 VMが監視に追加されるとすぐにデータの収集とアラートが開始され、即座に可視化されます。

VMスケールセットの意味のあるメトリックを監視する

LogicMonitorで監視されるAzureVM

一部のVMメトリックは、Azure Monitorを介して利用できます。これらの基本的なメトリックには、CPU使用率、ネットワークインターフェイスで送受信されたバイト、およびディスクの読み取り/書き込み操作が含まれます。 これらのメトリックに含まれていないのは、ディスク使用量やメモリ使用量などのオペレーティングシステム(OS)レベルのメトリック、およびアプリケーション固有のパフォーマンスメトリックです。 Azureを拡張して、監視診断拡張機能を有効にすることでOSレベルの指標を収集するか、エージェントまたはコレクターを使用してVMにクエリを実行し、OSおよびアプリケーション固有の指標を取得する監視ツールを使用できます。 AzureMonitorを介して利用できる基本的なメトリック。 エージェントベースのアプローチでは、VMスケールセットで作成されたすべてのVMにエージェントがインストールされ、エージェントバージョンの一貫性と最新性が維持され、LogicMonitorコレクターなどのエージェントレスソリューションを使用できるようにするために、カスタム自動化が必要になる場合があります。どこにでも(VMスケールセットの外部を含む)インストールされ、セット内のVMにリクエストを送信できる必要があります。 LogicMonitor Collectorは、SNMP、WMI、HTTP、JDBCなどの従来のプロトコルに依存して、Azure Monitorから取得する基本的なCPUとネットワークインターフェイスのメトリック、およびディスク使用量やメモリ使用量などのOSレベルのメトリックを収集します。実行中のアプリケーションのパフォーマンスメトリック。 このアプローチにより、VMスケールセットで実行されている各VMをより包括的に監視できます。

VM間でデータを集約する

自動検出機能を備えた監視ソリューションは、監視対象がVMスケールセット内のVMをいつでも反映するようにするのに役立ちますが、実行中のVMの変更に関係なく、アプリケーションのパフォーマンスを一貫して把握することも重要です。 VMスケールセット内。 終了したVMは、存在しなくなったときに監視から削除される場合がありますが、それらのVMで実行されているアプリケーションのパフォーマンスデータを保持することは、アプリケーションが時間の経過とともにどのように実行されているかを理解するために重要です。 このような理解は、リリースやその他の変更がアプリケーションのパフォーマンスにどのように影響するかを特定するのに役立ちます。 VMスケールセット内のVM間でデータを集約することにより、アプリケーション全体のパフォーマンスと、そのパフォーマンスが時間の経過とともにどのように変化しているかを可視化できます。 LogicMonitorを使用 LMサービスインサイト、VMスケールセット内のVMなどの監視対象リソースを論理サービスに動的にグループ化できます。 主要業績評価指標は、グループ化されたリソース全体で集約して、アプリケーション全体のパフォーマンスに関する洞察を得ることができます。 たとえば、次のように、共通のVMスケールセット 'prodScaleSet'に属するVMをグループ化できます。



このスケールセットのVMがWebアプリケーションをサポートし、ApacheWebサーバーとMySQLデータベースを実行しているとしましょう。 次のように、VM全体のパフォーマンスメトリックを集約することを選択できます。

監視対象のVM全体で集計される選択されたメトリック


結果として得られるサービスは、Webアプリケーションの総合的なパフォーマンスを可視化します。 VMがVMスケールセット内で作成および終了されると、LogicMonitorは必要に応じてVMを自動的に追加および削除し、データが集約されるVMは自動的に更新され、全体的なパフォーマンスに対するこの一貫した可視性を維持します。

LM Service Insightを介して作成され、AzureVMスケールセット内のVM間で集約されたデータで構成されるサービス


つまり、パフォーマンスデータは、スケールセット内のVMが変更されても保持され、リリースと構成の変更を、時間の経過に伴うアプリケーションパフォーマンスの傾向と関連付けることができます。

さらに、トリガーされたアラートがWebアプリケーションの全体的な状態とパフォーマンスを反映するように、この集計パフォーマンスデータにアラートを構成できます。 これは、Webアプリケーション全体のパフォーマンスに影響を与えない個々のVMアラートを意味します
ceは、アプリケーション全体のパフォーマンスに影響を与えるVMアラートとは区別できます。 と LMサービスインサイト、ステータスページは、集計データに設定されたアラートしきい値に基づいて作成され、基盤となるVMのアラートとともに全体的なアプリケーションアラートステータスを確認できます。

LogicMonitorの[サービスステータス]ページ。基になるリソースのアラートとともに全体的なサービスステータスを表示します。

要約すると、Azure VMスケールセットを包括的に監視するには、包括的なVM監視、最新の監視を維持する自動リソース検出、およびVM全体で集約されたデータを監視およびアラートする機能を備えた監視ツールが必要です。 LogicMonitorはこれをすべて箱から出して行います- 今すぐ無料トライアルにサインアップしてください!

サラ・テリー

Sarah Terryは、LogicMonitorの従業員です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET