イベントとパフォーマンスを関連付けることでトラブルシューティング時間を最小限に抑える方法

LogicMonitorのベストプラクティスブログ

LogicMonitorのCloudWatchEvents統合により、監視対象リソースのコンテキストイベントをパフォーマンスデータと一緒に表示することで、トラブルシューティング時間を最小限に抑えることができます。 展開、リソースのプロビジョニングとプロビジョニング解除、または構成の変更など、多くの日常的なイベントは、リソースのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。 パフォーマンスデータと同じコンテキストでイベントを確認できない場合、XNUMXつを相互に関連付けるのは難しい場合があります。 LogicMonitor Ops Notesは、視覚的なイベントストリームを提供し、パフォーマンスデータグラフの上にイベントを表示できるようにすることで、この問題を解決します。

イベントは、基盤となるインフラストラクチャに対する従来の可視性が利用できないクラウドサービスに特に関連する可能性があります。 AWSは、CloudWatchイベントを含むさまざまなサービスを提供し、クラウドリソースで発生するさまざまなイベントに関する情報をユーザーに提供します。 LogicMonitorの「logicmonitor-send-cloudwatch-events」関数を使用して  AWSサーバーレスアプリケーションリポジトリ、LogicMonitorでOpsNotesとして追加されるようにCloudWatchイベントを設定できます。

AWSサーバーレスアプリケーションリポジトリにあるLogicMonitorの「logicmonitor-send-cloudwatch-events」関数

関数をデプロイするときに、CloudWatchイベントをLogicMonitorに送信するAWSサービスを選択できます。 この関数は、選択したサービスのイベントに対してトリガーされ、LogicMonitorのAPIを使用して、イベントに関連する監視対象リソースのOpsNotesを追加します。

たとえば、これは、AutoScalingグループのパフォーマンスのコンテキストで、AutoScalingグループのEC2インスタンスがいつ終了して起動されるかを視覚化するのに役立ちます。

Auto-Scalingグループの総EC2パフォーマンスのグラフ。OpsNoteに新しいEC2インスタンスの起動が表示されます

上のグラフは、AutoScalingグループ内のすべてのEC2インスタンスにわたる総ネットワークスループットを示しており、OpsNoteは新しいインスタンスが起動された場所を示しています。 このメモは、新しいインスタンスが起動されたAutoScaling Groupにのみ表示され、選択すると、関連するすべての起動の詳細が表示されます。 AWSで新しいインスタンスが起動されると、「logicmonitor-send-cloudwatch-events」関数が自動的にトリガーされ、LogicMonitorで関連するAutoScalingグループを識別し、メモを追加します。 このようなメモにより、ユーザーは、AutoScalingグループからのインスタンスの追加または削除がグループの全体的なパフォーマンスにどのように影響するかを簡単に関連付けることができます。

その他のユースケースには、クラスターのパフォーマンスと一緒にECSクラスターのコンテナー状態とタスク定義の変更を視覚化すること、特定のサービスのパフォーマンスメトリックと一緒にCloudTrailを介したAPIリクエスト、S3パフォーマンスと一緒にバケットまたはオブジェクトレベルの操作などがあります。

CloudWatchイベントは、チームがリソースパフォーマンスの変化の原因を理解するのに役立ちます。また、LogicMonitorのLambda関数を使用すると、ドットを簡単に接続できます。 デプロイ手順など、「logicmonitor-send-cloudwatch-events」ラムダ関数の詳細については、を参照してください。 このページ。 に申し込む LogicMonitorの無料トライアル 今日!

サラ・テリー

Sarah Terryは、LogicMonitorの従業員です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET