SaaSAPIモニタリングをLogicMonitorに追加する方法

SaaSAPIモニタリングをLogicMonitorに追加する方法

SaaSまたは 本ソフトウェアサービスとして 今日のWeb上の多くのアプリケーションを表す用語です。 TurboTax(税の季節が近づいています)またはTwitterのどちらを使用していても、ほとんどの人はSaaSプラットフォームを気付かずに日常的に使用しています。 多くの企業は、Salesforceなどの顧客関係管理ツール(CRM)、AtlassianのJiraやConfluenceなどの内部システム、および企業間および企業内の幅広いコミュニケーションを介してビジネスをサポートするために、SaaSに大きく依存しています。 Office365やZoomなどのプラットフォーム。 これらの個別のSaaSアプリケーションをすべて監視することは、時間がかかり、困難な場合があります。

この記事では、以下について説明します。

なぜSaaSを監視するのですか?

になると Software-as-a-Serviceの監視 SaaSのパフォーマンスを監視する対象となる理由はいくつかあります。

最も基本的な理由は、SaaSがビジネスに必要なタスクの完了を妨げていないことを確認することです。 これは、電子メールを追加するのと同じくらい簡単な場合もあれば、大規模なマーケティングキャンペーンを管理するのと同じくらい複雑な場合もあります。 これらの各タスクには、異なるリスク許容度と影響があります。 ステータス(アップかダウンか)または特定のパフォーマンス値(リクエストに予想よりも時間がかかっている)を理解することも重要な場合があります。 

SaaSの制限に基づいて使用状況を監視することもできます。 使用されているライセンス、スペース制限、API呼び出しのいずれであっても、これらはすべて過剰にプロビジョニングされているか、SaaSの正常な機能を制限するしきい値に達している可能性があります。

すべてのSaaSアプリケーションとその重要なメトリックおよびステータスをすべて一か所で監視できるため、SaaSのビジネスへの影響と可用性を明確にすることができます。

LogicMonitorのOffice365の概要SaaSベースのダッシュボード

どのメトリックを監視する必要がありますか?

ほとんどのSaaSアプリケーションは、ある程度のステータスメトリックを提供します。 最も基本的なレベルは、SaaS全体がオンラインで適切に機能しているかどうかです。 このレベルは、実用的な情報の量が最も少ないものですが、良いスタートになる可能性があります。

レベルを深く掘り下げることは、SaaSの特定の実装のステータスを監視することです。 これは、SaaSがSaaSアプリケーション内でホストされている特定の地域を調べることから、APIでの特定の相互作用を調べることまで多岐にわたります。

さらに、監視されるメトリックには、API呼び出し率、応答時間、データの読み取りと書き込み、ユーザーログイン、サービス品質、および特定のSaaSが最大限に機能し、ビジネスパフォーマンスの向上に役立つことを証明するその他のメトリックを含める必要があります。 また、これらのメトリックのいずれかが組織の通常の運用領域から外れた場合にもアラートを受け取る必要があります。

最後になりましたが、多くの場合、制限と比較して使用量を監視する必要があります。 ストレージ容量が上限を超えていると、より多くのスペースを購入するか、新しいデータを保存できなくなる可能性があります。 これは、大きなビジネスの中断につながるでしょう。 未使用のライセンスでは月額費用が発生する可能性がありますが、これを排除できるため、消費されたライセンスと制限を監視することも一般的な指標です。

また、内部の利害関係者であろうと外部の連絡先であろうと、ユーザーエクスペリエンスの低下につながる可能性のあるSaaS内で発生するイベントについてもアラートを受け取る必要があります。 多くのSaaSアプリケーションもこれらのメトリックを提供できます。

LogicMonitorでSaaSを監視する方法

SaaSアプリケーションの監視を追加することは、法外に難しいことではありません。 多くのSaaSアプリケーションでは、APIを介してモニタリングとメトリック情報を使用できます。 LogicMonitorを使用すると、LogicMonitorがこれらのAPIを呼び出してデータを収集できるようにするために追加できる、いくつかの単純なフィールドを提供できます。

LogicMonitorは、エージェントレスのメトリックのコレクションを利用して、監視を非常に簡単にし、迅速に実装できるようにします。 多くの場合、クライアントID、認証トークン、APIキー、またはシークレットキーの組み合わせであるいくつかのフィールドを指定するだけで、監視に進むことができます。 

LogicMonitorは、監視対象のメトリックをプルバックする、すぐに使用できるデータソースとイベントソースを提供します。 これらのメトリックはダッシュボードに収集され、簡単に表示および解釈できます。

LogicMonitorにO365モニタリングを追加する

ブライアン・グラッデン

プロダクトマネージャー

ブライアンは、ソフトウェアエンジニアからプロダクトマネージャーへの移行を楽しんでいます。 彼は過去の経験を活用し、貢献している製品の幅広い範囲についてもっと学ぶのが大好きです。 ブライアンは、多くのペットを飼っている動物愛好家であり、多くの場合、少なくともXNUMX匹の里親もいます。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET