AWSEC2インスタンスでカスタムメトリクスをモニタリングするためのガイド

LogicMonitorのベストプラクティスブログ

この試験は のカスタムメトリックを監視するためのプロセスです AWS EC2 (Amazon Elastic Cloud Compute)Linuxインスタンス? 簡単な方法は、LogicMonitorコレクターを使用してLinuxサーバーを監視することです。これにより、AWSの監視よりもはるかに詳細な指標が提供されます。 コレクターを使用すると、あらゆる種類のメカニズム(JMX、snmp、WMI、データベースクエリ、JSON、その他のHTTP出力など)を使用して、収集したものを拡張する独自のデータソースを簡単に作成できます。 。

ただし、デバイスでLogicMonitorモニタリングの完全なスイートが必要ではなく、クラウドウォッチのメトリクスをLogicMonitorに表示するだけの場合は、 LogicMonitorのAWS統合 すべての標準Cloudwatchメトリクスを自動的に取得します。 ただし、Cloudwatchメトリクスを拡張する場合(例としてカスタムEC2 Linuxメモリメトリクス(コレクターが自動的に取得する標準メトリクスのXNUMXつ)を使用します)、それらをLogicMonitorにプルします。このステップバイステップガイドそれを行う方法を示します。

背景として、各EC2インスタンスのデフォルトの指標は、CPU、ディスク、ネットワーク、ステータスで構成されています。 AWSは、次のオプションを提供します 価格、カスタムEC2メトリックをに追加するには クラウドウォッチ。 これには、AWS自体の内部で、LogicMonitorポータルの既存のEC2データソースに新しいデータポイントを追加することにより、EC2インスタンスでいくつかの設定が必要です。 追加した場合 AWSタグ Linuxとして定義されているEC2インスタンスに、作成される新しいデータソースに複数のEC2インスタンスを簡単に適用できるようになります。

このブログ投稿は、タグの設定に時間をかけたことを前提としています。 この例では、AWSタグ「system.aws.tag.OS」 「Linux」に設定します。 チェックアウト このAWSの記事 AWS EC2 Linuxでメモリのカスタムメトリクスを設定する方法を学び、新しいカスタムメトリクスがcloudwatch内に表示されることを確認します(下の画像に示されています)。

2016 03-16-1.02.19 PMでのスクリーンショット

ステップ1:LogicMonitorでAWSアカウントを設定する 

  • LogicMonitorのAWSモニタリングを開始するには、AWSアカウントと読み取り専用ユーザーが必要です。

ステップ2:LogicMonitorでAWS EC2データソースのクローンを作成します(下の画像を参照)

  • [設定]→[LogicModules]→[データソース]で、検索に「EC2」と入力します。
  • AWS_EC2データソースを選択し、ページの下部にあるクローンボタンを押します。
  • 新しいデータソースに「AWS_EC2_Memory_Linux」という名前を付けます。
  • Displayed asnameを「EC2Custom」に変更します。
  • AWS for Linuxシステム(この場合は「Linux」)で設定したタグと一致するように[適用先]フィールドを設定します。
  • これで、新しいデータソースの下部にあるデータポイントを選択して複製できます。

2016 03-16-1.11.26 PMでのスクリーンショット2016 03-16-1.11.33 PMでのスクリーンショット
ステップ3:CPU使用率データポイントのクローンを作成し、メトリックパスと名前を変更します(下の画像を参照)

  • 新しいメモリメトリック(MemoryAvailable、MemoryUsed、MemoryUtilization)ごとにクローンを作成します。
  • 新しい名前に一致するように、新しい各データポイントのメトリックパスを変更します。
    • System / Linux> InstanceId:## system.aws.resourceid ##> MemoryAvailable
    • System / Linux> InstanceId:## system.aws.resourceid ##> MemoryUsed
    • System / Linux> InstanceId:## system.aws.resourceid ##> MemoryUtilization
  • ドロップダウンを使用して、データポイントのアラートしきい値を「しきい値なし」に設定します。  
  • 説明を更新し、新しいデータポイントを保存します。

2016 03-16-1.13.14 PMでのスクリーンショット
ステップ4:新しい値と既存のグラフを表示するデータソースにメモリの新しいグラフを追加します(下の画像を参照)

  • データソースで、[グラフの追加]ボタンをクリックし、新しいグラフに「メモリ」という名前を付けます(また、グラフ名フィールドが具体的に「メモリ」に設定されていることを確認してください)。
  • ラベル名を「MemoryStats」に設定します。
  • 各データポイントと線をグラフに追加します。
  • データソースを保存します。

2016 03-16-1.14.21 PMでのスクリーンショット
ステップ5:[Devices]タブでEC2カスタムインスタンスを選択する(下の画像を参照)

  • [デバイス]タブに移動し、Linux AWS EC2インスタンスの2つの名前を選択しながら、[管理]ボタンをクリックしてアクティブな検出を実行します。これで、新しいECXNUMXカスタムインスタンスが表示されます。
  • EC2カスタムインスタンスを選択し、[生データ]タブを見て、新しいメモリフィールドを確認します(下の最初の画像に示されています)。
  • 次に、[グラフ]タブを選択して、新しいメモリグラフを表示します(下のXNUMX番目の画像に示されています)。 注意すべき点として、メモリグラフの入力には時間がかかります。

2016 03-16-1.16.09 PMでのスクリーンショット
2016 03-16-1.16.15 PMでのスクリーンショット
以上です。LogicMonitorで新しいEC2メモリのカスタムメトリクスをお楽しみください。

ジョンブレイク

Jon Blakeは、LogicMonitorの従業員です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET