LogicMonitorを使用してCMDBを統合する

LogicMonitorのベストプラクティスブログ

今日の世界では、フォーチュン500企業のIT部門で働くには、ほぼ確実に、 情報技術インフラストラクチャライブラリ (ITIL)フレームワークとそれがあなたの会社とどのように関連しているか ITサービス管理 (ITSM)。 簡単に言えば、ITILはIT組織を運営するための包括的なフレームワークです。 これは、組織がITサービスをビジネスニーズに合わせるのに役立つベストプラクティスのコレクションです。

ITIL展開の中心は、 構成管理データベース (CMDB)は、組織内のIT資産を表すすべての構成アイテム(CI)のデータウェアハウスとして機能します。 CMDBは、単なるインフラストラクチャ要素以上のもので構成されています。 アプリケーション、ビジネスサービス、建物、および人はすべてCIになることができます。 CMDBでは、CIには、ステータス(つまり、アクティブ、非アクティブ、スペア、廃止など)およびビジネスの重要度(つまり、ビジネスサービスへの影響が小さい、中程度、大きい)を示す多くの属性があります。 この 画像 は、CMDBがITIL展開の真ん中にどのように位置するかを示しています。

1
CMDBは、次のようなさまざまなITILプロセスを可能にするためのプラットフォームになります。 インシデント管理, 変更管理, 問題管理。 CMDBでは、CIが相互にリンクされて、レポートと分析に使用できる関係を形成します。 たとえば、ルーター、スイッチ、サーバーのCIをアプリケーションおよびビジネスサービスのCIにリンクして、特定のインフラストラクチャ要素に対する変更要求(RFC)を使用して、変更がITサービスに与える幅広い影響を示すことができます。

では、どのようにしてCMDBを正確かつ最新の状態に保つのでしょうか。 幸い、ほとんどのCMDBはフェデレーションの概念をサポートしています。 他のドメイン固有のツールセットからのCIを同期して、CMDBを正確に保つプロセス。 LogicMonitorは、 インフラストラクチャ監視ツール これは、CMDBを統合するために使用できます。 

ITILソフトウェア市場には、ハイエンド、商用(BMC、ServiceNow **、Device42)からフリーでオープンソース(iTop、OneCMDB、i-doit)まで、あらゆるカテゴリに適合するさまざまなCMDB製品があります。 公開されているものを使用する
LogicMonitor API、CMDBの同期は、いくつかのスクリプトとカスタマイズで可能です。

**注:ネイティブ ServiceNow統合 LogicMonitorで提供されるのは、アラートとインシデント管理用であり、CMDB統合/フェデレーション用ではありません。

デモンストレーションの目的で、サンプルを提供しました iTopCMDB同期Pythonスクリプト 私たちの上 LogicMonitor GitHub LogicMonitorとの双方向同期を示しています コンボドiTop2.2。 スクリプトは最近リリースされたものを活用します logicmonitor_core LogicMonitorポータルと直接対話し、LogicMonitorデバイス情報を抽出、更新、または追加するのを簡単にするPythonモジュール。

独立したスケジューリングを可能にするために、XNUMXつのサンプルスクリプトを提供しました。

1.lm_itop_sync.py – LogicMonitorサーバー、プリンター、およびハイパーバイザーデバイスをiTop CIクラス(フェデレーション)に同期します。
2. itop_lm_sync.py – iTop ServerCIクラスをLogicMonitorデバイスに同期します。

LogicMonitorデバイスは、同期するために特定のCMDB CIクラスにマップする必要があります。これは、カスタムプロパティを使用して構成します(itop.class)デバイスまたはグループレベルで、次の値を指定します サーバー, プリンタ or Hypervisor:


3

4
iTop CMDBが稼働している状態で、
lm_to_itop.py 次のタスクを処理するPythonスクリプト:

1. LogicMonitorポータルにクエリを実行して、デバイス情報をJSONとして取得します。
2.デバイス情報をiTopデータベース(MySQL)ステージングテーブルに挿入します。
3. iTop PHPスクリプトをリモートで実行して、ステージングデータベーステーブル情報を本番テーブルとマージします。

実行されると、デバイスはCMDBをいくつかの属性(管理IPと説明)を持つCIとしてフェデレーションします。

5
LogicMonitorに追加する他のフェデレーションソースからCMDBにデータが入力されているとします。 ザ・ itop_to_lm.py Pythonスクリプトは、次のタスクを処理することにより、CIをLogicMonitorに同期する方法を示しています。

1。 作ります iTop LogicMonitorのデバイスグループ。
2.iTopにクエリを実行します
CI情報をXMLとして取得するCMDB。

3. XMLを解析し、デバイスをLogicMonitorに追加します( iTop デバイスグループ)。

デバイスをLogicMonitorに追加するときに、カスタムプロパティも構成します itop.ソース 値が はい、新しいデバイスがiTopにフェデレーションして戻るのを防ぐため。


6
これらのスクリプトを定期的に実行する(たとえば、 cron Linuxサーバー***)では、CMDBとLogicMonitorの双方向同期が同じ間隔または異なる間隔で発生する可能性があります。 たとえば、デバイスをLogicMonitorからCMDBにフェデレーションするほど頻繁に、CMDBがCIをLogicMonitorに同期させたくない場合があります。 この場合、独立したcrontabエントリを構成できます。

毎日(毎日深夜)LogicMonitorからiTop CMDBフェデレーションへ:

0 0 * * * / usr / bin / python /path/to/lm_to_itop.py [引数]

毎週(毎週土曜日の深夜)iTop CMDBからLogicMonitorへの同期:

0 0 * * 6 / usr / bin / python /path/to/itop_to_lm.py [引数]

***注:必ずLogicMonitorを使用してLinuxサーバーを監視し、
バッチジョブ cronジョブのステータスを監視します!

LogicMonitor APIとPythonモジュールは、独自のカスタムCMDB統合の構成要素として機能します。 この 記事 CMDB、CI、およびITILに関する詳細情報を提供します。

もっと見たいです? ここで私たちに従ってください:

Facebookで
Twitterで
LinkedInで

または、@メールでお問い合わせください [メール保護]

ベネットボロフカ

ソリューションアーキテクチャマネージャー

ベネットは、2015年からLogicMonitorのプロフェッショナルサービスの不可欠なメンバーです。彼は、世界中でITインフラストラクチャ、アプリケーション、およびソリューションを展開および管理してきた13年以上の経験があります。 一方で、ベネットはゴルフ、旅行、キャンプ、そして素晴らしいアウトドアの探索が大好きです。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET