LogicMonitorを使用したLogicMonitorの拡張:ITGlue統合

LogicMonitorのベストプラクティスブログ

LogicMonitorを使用したLogicMonitorの拡張:ITGlue統合
LogicMonitorの柔軟性と拡張性について多くのことを話しますが、その理由のXNUMXつは、他のツールがプラットフォームと通信できるようにする一方で、アーキテクチャによって他のツールのAPIへの統合を簡単に記述できることです。 これは、LogicMonitorがそれ自体と通信できることも意味します。

私は最近、問題のあるマネージドサービスプロバイダーと話していました。 さまざまな顧客環境には、さまざまなリソースとリソースタイプが存在しますが、それらすべてに責任があるわけではなく、したがってすべてを監視したいわけでもありません。 これに取り組むにはさまざまな方法がありますが、それらのインベントリ全体が有名なドキュメントプラットフォームITGlue内に存在することも学びました。

IT Glueには、十分に文書化されたAPIがあります。 LogicMonitorには、十分に文書化されたAPIがあります。 私がする必要があるのは、一方のシステムからデータをプルし、それが顧客の希望に一致することを確認して、もう一方のシステムにプッシュすることだけでした。 これまでのところ、とても良い…だから何? それぞれのAPIを使用してプラットフォーム間でデータを交換することに画期的なことは何もありません。 それは私たちのものです ServiceNow CMDB 統合は行い、それは他の多くの統合ツールが行うことです。

ただし、多くのインテグレーターはLogicMonitorの外部に存在し、多くの場合、独自のツールまたはプラットフォームとして存在します。これらのツールまたはプラットフォームは、別のシステムの保守またはサブスクライブ、スケジュールの構成または同期のトリガーを行う別の場所、アラートを受信する別の場所、レポートを行う別の場所を要求できます。進捗状況と実行されたアクションを確認するための別の場所。

この統合をLogicMonitorに直接構築する方法があれば、それは完全にプラットフォームの制御下にあり、スケジュールまたはオンデマンドで実行でき、既存の監視ワークフロー内の変更と障害について警告できます。時間の経過とともに、その活動の賢明で人間が読める出力を生成する可能性があります…

幸いなことに、あります。 LogicMonitorの超大国のXNUMXつは拡張性です。つまり、新しい監視統合を非常に迅速に追加して、新しいテクノロジーが出現したときに対応できるようにすることができます。 統合のオプションの中には、ConfigSourcesがあります。 LM構成 ネットワークデバイスからのスタートアップや実行中の設定などのテキストデータを読み取り、保存し、警告することができます。 LM Configは、 ネットワークデバイス構成の監視とバックアップ、不適切な(またはさらに悪い)構成変更によって引き起こされるネットワークの問題の解決までの時間を大幅に短縮します。

しかし、それを無視する 設計意図、ConfigSourcesは、スクリプトを定期的(XNUMX時間ごとから毎日)またはオンデマンドで実行し、アラートまたはレビューのためにスクリプトが返すものをすべてLogicMonitorプラットフォーム内に保存する方法をより簡単に提供します。

これは、追加のシステムを必要とせずにスクリプトを保存して実行するための理想的な場所を提供します。 さらに、LogicMonitorからの環境情報を使用するConfigSourceの機能のおかげで、スクリプトには、ある程度のインテリジェンスと「自己認識」(スカイネットレベルではないにしても)を含めることができます。

多くのお客様がそうであるように、MSPである私のお客様は、高レベルの「お客様」グループのリソースグループ構造を実装し、その中に各クライアントのサブグループを実装していました。 各クライアント環境は個別であるため、クライアントごとに少なくともXNUMXつのコレクターもデプロイします。 この一貫したアプローチは、私のConfigSourceを「Customers」グループ内のすべてのコレクターに適用できることを意味し、IT GlueとLogicMonitorのAPI資格情報が与えられると、スクリプトが残りを実行します。

LogicMonitorのお客様が行う必要があるのは、クライアントのコレクターをリソースグループに配置し、API資格情報をプロビジョニングすることだけです。
顧客が行う必要があるのは、クライアントのコレクターをリソースグループに配置し、API資格情報をプロビジョニングすることだけです。

 

IT Glue統合により、インポートフォルダーが作成され、必要なリソースが追加されます。 LogicMonitorプラットフォーム内。
統合により、インポートフォルダーが作成され、必要なリソースが追加されます。

最初に、スクリプトは、コレクターがその中の任意の場所にあるサブグループの名前を使用してクライアント名を決定します。 また、LM APIを使用して、専用のインポートフォルダーがまだ存在しない場合は作成します。 次に、IT Glue APIを使用して、そのクライアント名に一致する組織を検索し、そこからその組織にリンクされているすべてのリソースを検索します。 スクリプトは、問題のクライアントについて現在監視されているすべてのリソースもチェックします。

その組み合わされた知識により、IT Glueからの各結果は、新しい場合はインポートでき、すでにLogicMonitorにある場合はチェックして更新できます。 さらに、ユーザーが構成可能なフィルターは、LogicMonitorでリソースのプロパティを設定することで簡単に作成できます。たとえば、特定のリソースタイプのみを取り込みたり、特定のタイプを除外したりできます。 プロパティはグローバルに、またはグループごとに設定できるため、すべてのクライアントで同じ統合スクリプトを使用できると同時に、さまざまなクライアント(たとえば、さまざまなサービス層のクライアントや特定のリソースタイプがMSPとの契約に含まれているまたは含まれていない人。

リソースは、IT GlueにあるすべてのCI属性でタグ付けされます。これには、たとえば、保証の有効期限、場所データ、サポートの連絡先情報、またはITGlueのレコードに追加されたその他のものが含まれます。 これらは他のLogicMonitorリソースプロパティとまったく同じであるため、アラートとレポートデータを充実させて、受信者がリソースがまだ保証期間内かどうか、リソースの責任者、または顧客が選択したその他のデータを簡単に確認できるようにします。 また、タイプ、場所、サポートレベルなどでリソースを自動的にグループ化するためにも使用でき、IT Glueレコードから定期的に更新されるため、ITGlueでの変更はLogicMonitorに反映されます。

最後に、スクリプトはConfigSource内に保持され、構成ファイルであるかのように保存される各実行のアクションの要約を書き込みます。 したがって、最後まで異なる出力を引き起こす実行ごとに(たとえば、新しいデバイスが追加された場合)、アラートを受け取ることができ、インポートと同期の履歴をプラットフォーム内で人間が読める形式で表示できます。 LogicMonitorに表示されるだけでなく、保存されている「構成」レコードには、ご想像のとおり、APIを呼び出すことでアクセスできます。 多分それは別の投稿のためのものです。 詳細に興味がありますか? アクセスする 無料トライアル または詳細については、お問い合わせください LogicMonitorの統合。 

LogicMonitorプラットフォーム内でITGlueインポーターを使用する。

アントニーホーキンス

LogicMonitorのEMEAチームのシニアセールスエンジニア

Antonyは、2011年からLogicMonitorと協力してきました。テクニカルサポートエンジニアとしてスタートし、無数の見込み客や顧客に監視することの価値を証明し、数多くの風変わりな(そしてコアな)統合を発明し、彼がプラットフォームの能力と使いやすさ。 彼はJSONで夢を見ていると言う人もいます(これは実際に起こっています)。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET