調査によると、データセキュリティは依然としてクラウドに参加しない主な理由です。

プレスでのLogicMonitor

LogicMonitorの「クラウドの未来–クラウドインフルエンサー調査」によると、2020年までに、パブリッククラウドで実行されるワークロードのシェアは10%から31%に41%増加する可能性があります。 この成長にもかかわらず、Amazonがこの分野で最大のプレーヤーであるオフサイト管理データベースソリューションのセキュリティに対する懸念を理由に、自己管理オンサイトデータベースを好むいくつかの支持が残っています。 しかし、パブリッククラウドプロバイダーは、これまで以上にセキュリティに自信を持っています。 では、2018年にデータベースをクラウドに移行することについて何を恐れるべきでしょうか?

続きを読む: ITOpsTimes

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET