アラートに応じてJira(またはその他のツール)でチケットを作成して閉じる

LogicMonitorのベストプラクティスブログ

LogicMonitorには堅牢なアラート配信、エスカレーション、およびレポートシステムが組み込まれていますが、他のツールを並行して使用してIT情報にアクセスして保存している場合もあります。 私たちは前に話しました LogicMonitorとJiraの統合 – LogicMonitorを使用してJiraで作成されたチケットを監視する方法、およびJiraクエリを使用してLogicMonitorでアラートをトリガーおよびエスカレーションする方法を含みます。 (これにより、誰でもLogicMonitorのエスカレーションを使用して、Jiraで特定のタイプのチケットを作成することにより、オンコールエンジニアを呼び出すことができます。また、必要なSLA内で解決されていない場合、LogicMonitorはJiraの問題を自動的にエスカレーションできます。)  

今回は、もうXNUMXつの方向について説明します。LogicMonitorを使用して、LogicMonitorアラートに応答して発生するJiraの問題を作成および解決する方法です。 LogicMonitorでは、TechOpsチームがLogicMonitorプラットフォームで直接アラートを処理しますが、アカウント管理チームはJiraを使用して同じタイプの情報を表示することを好みます。そのため、LogicMonitorの統合機能を使用して両方のシステムにデータを配置します。

LogicMonitorにはさまざまなものがありますが 構築済みの統合、Jiraにはさまざまな構成バリエーションがあるため、Jiraは正式にはそのXNUMXつではありません。 ただし、LogicMonitorのカスタムHTTP配信統合を使用して、Jiraを含む多くのツールやサービスとの統合を作成できます(特にJiraの堅牢性を考えると) REST API).

独自のJira / LogicMonitor統合を作成するには、次の手順に従います。

  • [設定]-> [統合]から、[追加] – [カスタムHTTP配信]をクリックします
  • 新しい統合に名前と説明を付け、「さまざまなURLまたはデータ形式を使用してさまざまなアラートアクティビティを通知する」を選択します。 (これにより、アラートが作成されているか、エスカレーションされているか、クリアされているかに応じて、LogicMonitorがJiraでさまざまなアクションを実行できるようになります。)
  • 最初に、新しいアラートの処理方法を指定する必要があります。Jiraの場合、アラートを作成するサーバーのAPIエンドポイント(jira.example.com/rest/api/2/issue)にPOSTし、提供する必要があります。ユーザー名とパスワードの値。 アラートデータはRawJSONに設定する必要があり、ペイロードは次のようになります。

screen-shot-2016-10-11-at-9-22-19-pm

  • ProjectキーフィールドとIssueTypeフィールドを、Jiraワークフローに存在するものに変更します。
  • アラートの状態が変化したとき、またはアラートがクリアされたときにLogicMonitorでJiraチケットのステータスを更新する場合は、上記のPOSTによって作成されたチケットのJiraの識別子をキャプチャする必要があります。
    • これを行うには、「アラートステータスを更新するときにHTTP応答で提供されるIDを含める」というチェックボックスをオンにして、次のように表示されるフォームに入力します。screen-shot-2016-10-11-at-9-25-14-pm
    • これはLogicMonitorに、「Jiraの問題を作成するときは、Jiraが応答する応答をキャプチャし、「key」というJSONオブジェクトを探して、そのオブジェクトを覚えておいてください」と述べています。 チケットを作成すると、Jiraは次のように返信します。screen-shot-2016-10-11-at-9-29-44-pm
      LogicMonitorに「キー」フィールドを取得するように指示することで、LogicMonitorはJiraの観点からチケットIDを取得します(上記の例では「TST-24」)。 LogicMonitorは、## EXTERNALTICKETID ##トークンを使用して、そのチケットに対する将来のアクションでそれを参照できます。
  • これで、クリアされたアラートをどう処理するかをLogicMonitorに指示できます。 この場合、Jira(Jira言語の「遷移」)でそれらを閉じます。 これを行うには、次のようなクリアされたアラートのアラートステータスハンドラーを追加します(移行するチケットを渡すために、## EXTERNALTICKETID ##トークンを参照することに注意してください)。

screen-shot-2016-10-11-at-9-38-08-pm

  • ペイロードを次のように設定します。

screen-shot-2016-10-11-at-9-41-29-pm

  • Jiraシステムで「オープン」から「クローズ」への移行に適切な値に移行IDを設定していることを確認してください。

メソッドを保存し、新しく作成した配信メソッドをアラートルーティングルールによって呼び出されるエスカレーションチェーンに追加します。以下に示すように、アラートによってJiraの問題が作成され、クリアされると自動的に閉じられます。

screen-shot-2016-10-11-at-9-46-57-pm

この例はJira用ですが、同じプロセスを使用して、LogicMonitorでHTTP呼び出しを受け入れる任意のツールとの統合を構築できます。 アラートの重大度が明確であるだけでなく、増加または減少したときにさまざまなフローをトリガーすることで、より創造的になることもできます。 したがって、上司が15年前に.ASPで自分で作成したカスタムのVisual Basicワークフローツールでアラートを表示したい場合は、「はい、サー!」と言うことができます。 (LogicMonitorには、カスタム統合を支援できるプロフェッショナルサービスがありますが、おそらくその場合には関与したくないでしょう。)

もっと見たいです? ここで私たちに従ってください:

Facebookで
Twitterで
LinkedInで

または、@メールでお問い合わせください [メール保護]

スティーブ·フランシス

創業者

スティーブはLogicMonitorの創設者です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET