CiscoのMerakiの購入は、APの構成と監視に対するクラウドマネージドアプローチの価値を示しています

LogicMonitor意見投稿

「Meraki」はネットワーキングで最もよく知られている名前ではないかもしれませんが、まだそうでない場合は、彼らの技術がすぐにあなたに触れるでしょう。  MerakiはCiscoに買収されたばかりです 1.2月に新しいクラウドネットワーキンググループに組み込むためのクールなXNUMX億ドル。

シスコは、クラウドコンピューティングの爆発的な成長、つまりアプリを実行してローカルコンピュータにデータを保存する代わりに、インターネット経由でアクセスするリモートサーバーにアプリケーションを実行してデータを保存する方法を予測しています。 そしてますます、これらのクラウドサービスはワイヤレスネットワークを介してモバイルデバイスでアクセスされるようになります。

Merakiがもたらしたのは、クラウドで管理されたワイヤレスネットワークインフラストラクチャハードウェアです。 アクセスポイント(AP)は、有線から無線の世界への重要なブリッジです。 Meraki APのユニークな機能は、有線ネットワークに接続し、APをMerakiの母船に接続し、meraki.comにアクセスしてWebUIを介してAPを構成および管理することです。

これは、ほとんどのAPに見られる一般的に不器用で低速の組み込みWebインターフェイスからの飛躍的な進歩であり、個々のAPの束ではなく、ワイヤレスネットワーク全体の管理に重点が置かれています。 Web UIはクリーンで使いやすく、ネットワークはどこからでも管理でき、APはMerakiによって最新の状態に保たれ、ファームウェアとセキュリティが自動更新されます。

ここでのアーキテクチャ哲学は、可能な限りすべてをクラウドに組み込むことです。そのため、ワイヤレスネットワークが元の単一APの容量を超えてクラウド管理デバイスを利用できるようになったときに、ここLogicMonitorでMerakisを採用しました。 私たちが成長するにつれて、Merakiネットワークも成長します。 新しいオフィスを開設するときは、誰かが有線ネットワークに接続できるようにMeraki APを送信し、Merakiの「クラウドコントローラー」(Meraki Web UI)から構成し、既存のワイヤレスインフラストラクチャとシームレスに組み込みます。

私たちが クラウドベースの監視 プロバイダー、私たちはもちろん深く興味を持っています メラキモニタリング。 Merakiは、APがオフラインになった場合、有線接続が失われた場合、構成が変更された場合、または途中で不正なAPを検出した場合に警告する、いくつかの基本的なアラート機能を提供します。 ただし、LogicMonitorは、広範なSNMPデータソースを介してアラートの粒度を追加できます。 たとえば、LogicMonitorは、APが所定のスループット値またはクライアント数を超えた場合にアラートを出すことができます。これは、APがその容量に達していることを示している可能性があります。

追加のボーナスとして、Meraki APは、ルーター、スイッチ、ロードバランサー、サーバー、ストレージデバイス、データベース、Webサイトなどのサービスモニターとともに、他のインフラストラクチャと同じダッシュボードに表示されます。

MerakiAPモニタリングダッシュボード
サンプルのLogicMonitorダッシュボードビューには、スタック内のすべてのものがXNUMXか所に表示されます。

シスコがMerakiに費やした金額を考えると、クラウドマネージドネットワークテクノロジーは、近い将来の大きな成長に向けて設定された非常に望ましい市場要素であると言っても過言ではありません。 クラウドでのワイヤレスネットワーク管理では、有線ネットワーク管理が近い将来に行われるのかどうか疑問に思う必要があります。 シスコのIOSがWeb化され、ルータ管理がコマンドラインからWebUIに飛躍している様子を想像してみてください。

スティーブ·フランシス

スティーブフランシスはLogicMonitorの従業員です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET