Marketoの停止とTwitterの嵐を回避する方法

LogicMonitorのベストプラクティスブログ

したがって、マーケティングを行っている場合、またはマーケティングを行っている人を知っている場合は、Marketoに 機能停止 今週、それはツイッターの詩のいたるところにありました。 問題は、MarketoがDNSドメインの更新に失敗したことでした。 これは残念ですが、完全に理解できます。 お見舞い申し上げます。 物事は起こります。 人々は不完全であり、間違いを犯します。

そのため、人々が担当していることを常に監視する必要があります。 その全体の「信頼するが、検証する」原則。 または、監視をセーフティネットと考えてください。 誰かがドメインの更新を忘れた場合–ドメインの解決に失敗して製品の機能を破壊し、怒りを招くよりも、アラートトリガーを設定して通知する方がはるかに優れています(および ユーモア)インターネットの。

正直なところ、ドメインの有効期限はLogicMonitorが監視したものではありませんでした。 ただし、「データセンターの監視ミス」のパート2で説明したように、 「監視で再発が検出されない場合、問題は解決されたと見なされるべきではありません。」 そして、それらはあなた自身の問題である必要はありません–あなた(そして私たち)は他人の公の過ちから学ぶことができます。 したがって、その精神で、私たちのデータソースエンジニアリングチームのXNUMXつ(素晴らしい ジョン・デイビス)トップレベルドメインの有効期限までの日数を測定するためのクイックチェックを作成し、ドメインが7日以内に有効期限が切れているかどうかを警告します。

これで、LogicMonitorのこの拡張機能を利用して、ドメインの有効期限が切れるのを防ぐことができます。 これを行うには、ロケーターを使用して、LogicMonitorExchangeからこのデータソースをインポートします HCZPGR。

注意: 現在、このデータソースは国別TLD(google.co.ukなど)のドメインをサポートしていません。 .com、.netなどの通常のトップレベルドメインのみ。これがコミュニティ標準のデータソースであり、コアリポジトリにはない理由です。まだ少し作業が必要です。

データソースをインポートしたら、プロパティsystem.categoriesにタグ「domain」を含めるように設定して、データソースをデバイスに関連付ける必要があります。

ドメイン監視専用のデバイスを追加することをお勧めします(たとえば、デバイス「yourdomain.com」を追加し、それにsystem.categoriesタグを設定します)。

これにより、すぐに監視がトリガーされることはありませんが、データソースがデバイスに関連付けられ、ドメインの有効期限を監視するインスタンスを追加できるようになります。

[管理]ドロップダウンから[監視対象インスタンスの追加]を選択します。

次に、監視するトップレベルドメインを入力します。

注意: サブドメイン(「www.logicmonitor.com」など)ではなく、トップレベルドメイン(「logicmonitor.com」など)のみを使用してください

ドメイン登録の有効期限が切れるまでの日数を示すグラフが表示されます。 下のグラフでは、Marketoが7年間ドメインを更新したことがわかります。

したがって、Marketoは、少なくともそのドメインでは、しばらくの間、別のドメイン登録の失敗から安全です。 しかし、私たちは彼らがいくつかの柔軟なSaaSベースを検討することを提案するかもしれません エンタープライズITモニタリング 他のドメインの可用性を確保するため。 そしておそらくあなたもそうすべきです。

スティーブ·フランシス

創業者

スティーブはLogicMonitorの創設者です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET