LogicMonitorを使用した動的トポロジの概要

LogicMonitorのベストプラクティスブログ

LogicMonitorのトポロジマッピング機能は、トポロジコンテキストを確立するための付加的なアプローチで動作するスケーラブルなマッピングソリューションをユーザーに提供します(つまり、現在の表示目的に必要なものだけを示します)。

レイヤ2ネットワークトポロジマップ。

LogicMonitorは、「TopologySource」と呼ばれるLogicModuleを利用して、現在監視中のリソースを接続します。 ネットワークインフラストラクチャの場合、TopologySourceのカバレッジには、CDPおよびLLDP対応デバイスのサポートが含まれます。 このTopologySourceは、スイッチ、ルーター、ファイアウォール、およびホストを接続できます。これは、CDPおよびLLDPデバイスIDによって報告されるグローバルデバイスIDにインデックスを付け、それらの接続されたネイバーにリソースを接続することで可能です。 TopologySourcesの識別子および宛先としてMACを活用しているため、ネットワーキングトポロジは主にレイヤ2に焦点を合わせています。 ただし、機能の進歩と成熟に伴い、レイヤー3やSANインフラストラクチャなど、他のネットワーク関係タイプとリソースを含めるように対象範囲を拡大します。

コンピューティングインフラストラクチャについては、VMWare、Linux、およびWindowsホスト用のTopologySourceカバレッジがあります。 正常に実行されると、ユーザーはコアスイッチからディストリビューション、アクセススイッチ、さらにはエッジコンピューティング(VM)までのパスを追跡できるようになります。 VMwareの場合、TopologySourcesは関係を決定するためにVCenterAPIを活用します。 このTopologySourceは、VCSAアプライアンスをそのクラスター、ホスト、およびVMDKが書き込むデータストアに至るまでモデル化することができます。 将来的には、HyperVなどの他のハイパーコンバージドベンダー向けのカバレッジを開始する予定です。

リレーションシップカバレッジに加えて、トポロジ機能はすぐに使用でき、次の機能を備えています。

  • マッピングに参加しているリソース(頂点)のアラートまたはアラートステータスを視覚化します
  • トポロジダッシュボードを作成し、レポートにマップを含めます
  • インタラクティブな地形図を介してリソースに直接移動します
  • アラートの生成に応じてアドホックマップを作成する  
  • 意味のあるコンテキストを作成するために、マップのレイアウトを変更します
  • 頻繁に使用する地図を保存して共有する


LogicMonitorのトポロジ機能により、最新のITインフラストラクチャ環境内に存在する複雑な関係構造をより深く理解できます。 インフラストラクチャがどのように接続されているかを視覚的に理解することで、関係に基づいて直感的にナビゲートできるだけでなく、ITOpsの専門家は、トポロジマップを動的に更新する代わりに、古い静的な図を廃止できます。 これにより、ネットワーク図を手動で描画するのにかかる時間を短縮しながら、重要なトポロジ情報のより良い通信が可能になります。

トポロジダッシュボードウィジェット。

キャプチャされるトポロジデータは、依存関係によるアラート抑制やアラートのグループ化など、現在積極的に取り組んでいる他のAIOpsを利用した機能の基盤となります。 詳細については、 サポートページ または、アカウントマネージャーに連絡してください。

michael.fisher

Michaelは、LogicMonitorのAIOps機能のビジョンとロードマップの推進を専門とする経験豊富な製品リーダーです。 彼は、革新的で最先端のアプローチを使用してユーザーの問題を解決することを目的として、さまざまな機械学習分野のバックグラウンドを持っています。 余暇には、マイケルが地元のコーヒーショップで競争力のあるチェスの試合をしたり、サーフィンをしたり、ビーチで本を読んだりしています。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET