LogicMonitorとCiscoSD-WANを使用してネットワークの可視性を向上させる

LogicMonitorとCiscoSD-WANを使用してネットワークの可視性を向上させる

SD-WAN(Software-Defined Wide Area Networking)は、ネットワークデバイスの構成と、それらがトラフィックをルーティングする方法を一元化および自動化します。 すべてのネットワークトラフィックが同じように作成されるわけではないため、これはますます重要になっています。 他のアプリケーションよりも大きく依存している特定のビジネスクリティカルなアプリケーションがあります。 SD-WANは、インテリジェントなルーティングの利点に加えて、IT管理者がインターネット接続を迅速、信頼性、および安全に展開できるようにします。 

グローバル企業およびMSPのお客様から最も要望の多かった統合リクエストのXNUMXつとして、LogicMonitorは常にシスコポートフォリオ内で最も広範な監視範囲の構築に重点を置いてきました。 Cisco SD-WANの継続的な拡張により、パートナーシップをさらに強化しました。 

LogicMonitorのお客様は、ネットワークの可視性が高まり、ネットワークがサービス提供にどのように影響しているかを即座に確認できるようになり、LogicMonitorの高度なインテリジェンス機能によってアラートノイズが大幅に削減されます。

vManage環境のマップトポロジ 

vManageは、Viptelaデバイスを管理および構成するためのコンソールです。 LogicMonitorは、vManageおよび構成済みデバイスからメトリックを収集します。  

CiscoSD-WANトポロジマッピング。

Viptela全体のヘルスとパフォーマンスを表示する 

Viptelaは通常、よりきめ細かいネットワークアプローチのため、より複雑なハイブリッドネットワークアーキテクチャを備えた大企業によって選択されます。 APIから収集されたデータとは別に、LogicMonitorはSNMPを介して追加のメトリックを収集します。 すべてのViptelaコンポーネント(vSmartコントローラー、vEdgeルーター、vBond Orchestrator、vManage)は、箱から出してすぐに監視されます。

Viptelaヘルスパフォーマンスモニタリング。

Merakiアクセスポイント全体のヘルスとパフォーマンスを表示する

Merakiは、セットアップが簡単で、管理に必要な人員が少ないため、中小企業で好まれています。 サポートされているMerakiデバイスタイプのリストは、アクセスポイント(MR)、クラウド管理アクセスポイント、セキュリティアプライアンス(MX)、スイッチ(MS)、および在宅勤務者ゲートウェイ(Z)です。 データはSNMPを介して収集されます。

メラキの健康パフォーマンスモニタリング。

これらの新しい監視統合に関して質問がある場合は、CSMに連絡するか、詳細についてお問い合わせください。 またはあなたはすることができます LogicMonitorを無料でお試しください。

トニーアルバネーゼ

シニアマネージャー、プロダクトマーケティング

Tony Albaneseは、LogicMonitorの従業員です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET