LogicMonitorでSNMPデータソースを作成するための5つのヒント

LogicMonitorのベストプラクティスブログ

LogicMonitorをご利用の場合は、当社のプラットフォームが何百もの一般的なデバイスの監視のセットアップを自動化できることをすでにご存知でしょう。 事前構成されたデータソース。 しかし、監視しようとしているデバイスがまだコアリポジトリにない場合はどうなりますか? SNMP(または他の無数のプロトコルのXNUMXつですが、ここではSNMPについてのみ説明します)をサポートしている場合は、カスタムデータソースを構築できます。

ただし、始める前に、SNMPデータソースの作成に関しては「100つのサイズですべてに対応する」アプローチはないことを知っておく必要があります。 開発プロセスには変数が多すぎるため、SNMPデータソース開発から推測作業をXNUMX%実行することはできません。

そうは言っても、次の手順は、SNMPデータソースを作成するための全体的なプロセスをまとめたものです。

  1. ニーズを特定する: インフラストラクチャに問題がある場合は、将来それを防ぐ方法を見つけたいと考えています。 理想的には、状態を事前に検出し、それを修正できるように警告することができるデータソースを作成できるようになります。 一部の条件では早期警告(突然のドライブ障害など)が提供されませんが、できるだけ早くこれらについて警告する必要があります。
  1. 研究: 監視するデバイスについて、できるだけ多くの情報を取得する必要があります。 そのデバイスのMIBとモニタリングのベストプラクティスを見つけてください。 次に、MIBを調べて、取得できるメトリックを見つけます。 いくつかの考慮事項:
    • デバイスで問題が発生する可能性のあるシナリオは何ですか?
    • これらがうまくいかない場合、どのような問題が発生する可能性がありますか?
    • どうすればこれらの問題を防ぐことができますか?
  1. スキーマを設計します。 XNUMXつ以上のデータソースが必要ですか? それらは単一インスタンスまたは複数インスタンスのデータソースになりますか? デバイスがゼロ、XNUMXつ、または複数のタイプのもの(インターフェイスなど)をサポートしているかどうかを検出する必要がある場合は、オブジェクトのクラスごとに個別のマルチインスタンスデータソースが必要になります。 デバイスの属性(合計CPU負荷、メモリ使用量など)のデータセットがXNUMXつしかない場合は、そのすべてのデータをXNUMXつのデータソースに入れることができますが、情報を関連するデータソースに分割することは理にかなっています( CPUデータソースとメモリデータソース、または組み合わせた使用法データソース?)
  1. プロトタイプデータソースを構築します。 監視するメトリックを選択し、データポイントでこれらのメトリックのOIDを指定します。 MIB内のすべてが役立つわけではなく、監視する価値のあるものだけを監視する必要があることに注意してください。
  1. 実世界で確認します。 しばらく待ってデータを収集し、プロトタイプが機能していることと、データに意味があることを確認します。 すべてが良好に見える場合は、データソースを他のデバイスに適用し始めることができます。 理想的には、障害を強制(またはシミュレート)し、データソースが適切にアラートを出し、診断を容易にするグラフィカル情報を表示するようにします。

ユースケースに最適な方法でデータソースを作成する必要があることを忘れないでください。 ニーズに合わせてデータソースをカスタマイズする機能は、LogicMonitorを非常に強力にするもののXNUMXつです。

さらに詳しい情報をご希望の方はこちらへ 私たちを見る SNMPデータソースの構築に関する事前に記録されたLogicMonitorトレーニング。 WTI MPC PDU(Managed Power Controller Power Distribution Unit)のSNMPデータソースを作成するプロセスと、これらの原則を適用する方法について説明します。

独自のデータソースを設定したいですか? 別のトピックに関するトレーニングをしたいですか? 以下のコメントで詳細を教えてください。

サラ・テリー

Sarah Terryは、LogicMonitorの従業員です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET