Apacheモニタリングへの3つの簡単なステップ

LogicMonitorのベストプラクティスブログ

これを読んでいるなら、ApacheWebサーバーを監視する必要があることを知っています。 (構成されたサーバーワーカーの制限に近づいているかどうかを知りたい、処理しているリクエストの数を知りたい、可用性を確保したいなど)。 幸い、Apacheモニタリングを有効にするのは非常に簡単です。

mod_statusモジュールをロードしていることを確認してください。

OSのパッケージマネージャーによってインストールされたバージョンのApacheを使用している場合、モジュールを有効にするOS固有の方法があります。

Ubuntu / Debianの場合:

/ usr / sbin / a2enmodステータス

Redhat / Centosの場合:次の行のコメントを外します。

LoadModule status_module modules / mod_status.so

/etc/httpd/conf/httpd.conf内
Suseデリバティブの場合:
/ etc / sysconfig / apache2のAPACHE_MODULES =で始まる行のモジュールのリストに「status」を追加します

Mod_statusモジュールを構成します

以下をApache構成ファイルにロードする必要があります。

ExtendedStatus On SetHandler server-status Order deny、allow Deny from all #Add LogicMonitor agent addresss here Allow from www.logicmonitor.com192.168.10.10

その構成を設定する場所も、Linuxディストリビューションによって異なります。
Ubuntu / Debianで/etc/apache2/mods-available/status.conf
Redhat / CentOsの/etc/httpd/conf/httpd.conf
OpenSuse / SLESの/etc/apache2/mod_status.conf
最後に、OS起動スクリプトを使用してapacheを再起動します(/etc/init.d/httpdrestartまたは/etc/init.d/apache2restart)。 OS固有のスクリプトファイルで最終的なApache構成をアセンブルできるようにするには、OS起動スクリプトを使用する必要がある場合が多いことに注意してください。 apacheシグナルを送信したり、apache2ctlを使用したりしても、これは行われません。

3.監視が行われるのを監視します。

LogicMonitorのApacheモニタリングを使用している場合は、これで完了です。 LogicMonitorはApacheWebサーバーを自動的に検出し、適切な監視とアラート、およびシステムの残りの部分にアラートとグラフを適用するため、CPU、インターフェイス、およびディスクの負荷をApacheの負荷に関連付けることができます。

カスタマイズしたいことのXNUMXつは、ダッシュボードです。すべてのホストまたはすべての本番ホストから、XNUMX秒あたりのすべてのApacheリクエストを収集し、それらをXNUMXつのグラフに集約するウィジェットを追加します。 LogicMonitorの柔軟なグラフを使用すると、新しいサーバーを追加すると、グラフに自動的に新しいサーバーが含まれます。

XNUMX秒あたりのApacheリクエスト

Apacheの監視を簡単にしたいですか? チェックアウト LogicMonitor 監視設定を自動化する監視用。 

スティーブ·フランシス

創業者

スティーブはLogicMonitorの創設者です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET