2015年の予測:アプリケーションが2015年にクラウドに対応するかどうか

LogicMonitor意見投稿

スティーブ・フランシス著、 LogicMonitor 創設者兼最高製品責任者。

アプリケーションが2015年にクラウドに対応するかどうか

新年は決議の時期であり、企業は独自のいくつかを作っています。 クラウドコンピューティングで増大する苦痛の記憶を残すことから始まり、より高い、またはおそらくより深いレベルの変革へと進みます。

2015年、エンタープライズITがさらに複雑になるにつれ、クラウドに費やされる費用は引き続き優先されます。 最近によると IDGリサーチ 2015人のITプロフェッショナルを調査したComputerworldForecast 194と呼ばれる回答者の40%以上が、組織がサービスとしてのソフトウェア(SaaS)と、パブリック、プライベート、ハイブリッド、コミュニティのクラウドの組み合わせにより多くを費やすと述べています。 さらに、クラウドコンピューティングイニシアチブは、調査対象のIT部門の16%に展開されている、今日の唯一の最も重要なイニシアチブです。

クラウドの魅力がお金を使う人々の目を引くことを考えると、企業はビジネスミッションの中心であるセキュリティの基盤をガタガタさせすぎないようにしながら、クラウドを追加の進出に活用しようとしていると言っても過言ではありません。と収益。

来年のXNUMXつの予測は次のとおりです。
クラウドの俊敏性により、コア以外のアプリがパブリッククラウドに移行します。

ITを戦略的な差別化要因と見なしている成功した企業は、XNUMXつの理由から、非コアアプリケーションをパブリッククラウドに導入し始めます。

-クラウドプロビジョニングが内部ITプロビジョニングよりも優れている速度と敏捷性は、戦略的な利点を提供し、ビジネスを前進させることができます。 これは、無関係なクラウドインフラストラクチャの相対的なコスト(またはコスト削減)よりも優先されます。
-顧客のインターネットエクスペリエンスをブランドエクスペリエンスの延長として(正しく)見ている企業は、遅延が市場での悪影響に悪影響を与えることを認識しています。ほとんどのITプロジェクトは、希望よりも時間がかかるため、数週間(または数か月)を節約できます。プロビジョニングサイクルは重要な場合があります。
クラウドにステップアップする本番アプリケーション:

過去XNUMX年間で、企業は一部のDevOpsおよびQA環境でのクラウドの使用法に精通していました。 これで、本番アプリケーションをクラウドに移行する準備が整いました。 XNUMX年の期間内に、インフラストラクチャ全体をクラウドに移行する計画を何度か聞いたこともあります。 エンタープライズIT開発者は、水平スケーリングシステムを使用する代わりに、特殊なハードウェア、チューニング、または垂直スケーリングに頼ることなくスケーラビリティとパフォーマンスを実現できるクラウド対応アプリケーションの構築経験を開発する時間を必要とするため、最初の展開は非コアアプリケーションになります。クラウドで発生する障害(ラムダアーキテクチャなど)に耐性があります。 現在、その経験のほとんどはSaaS企業に存在しています。

コアミッションクリティカルなアプリケーションは引き続き使用されます。

言い換えれば、コアミッションクリティカルなアプリケーションは、少なくとも今後数年間は、エンタープライズが制御および管理するデータセンターにとどまる予定です。これは、その制御を放棄するリスクが高すぎて、ITがこれを認識しているためです。 ただし、ハイブリッドインフラストラクチャの管理と監視は、非常に興味深い分野になります。

ちょうど昨年、企業はクラウドでかなり長い道のりを歩んできました。 のような企業 IBM 他の人がクラウドを取り巻く最初の懐疑論を置き去りにし、長期的にクラウドを活用するためのより多くの方法を模索しているため、今年はクラウドビジネスにとって画期的な年と呼んでいます。 一方、調査会社Markets and Marketsは、世界のクラウド市場が来年121億ドルに達すると予測しています。

このすべての変更が簡単なわけではありませんが、企業はこれまで以上に近づくはずです。

もともと上の公開 VMblog.com.

マドリンスタック

MadelineStackはLogicMonitorの従業員です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET