10年間のSaaSベースの監視

LogicMonitorの企業文化

私たちは最近、最初の設立から10年を経過しました LogicMonitor。 (当時のLLC –現在はC法人です。)伝統的に、これは振り返り、学んだ教訓を抽出し、将来について予測し、マイルストーンを祝う時です。

運が大きな役割を果たしました。 非常に初期のSaaS企業で働いていたのは幸運だったので、LogicMonitorは最初から純粋なSaaS製品として設計されていました。 これは、そこにあるすべての施設ベースのシステムとの差別化要因でした。最初は障害でしたが、最近は間違いなく利点です。 私たちがSaaSであるために明示的に私たちに来てくれた多くの大規模な顧客がいて、彼らは SaaS監視ソリューション 企業の変革や近代化に合わせて。

プロダクトマネージャーが何であるかさえ知らず、枢機卿を作ったにもかかわらず、私は幸運でした ミス プロダクトマネージャーの数–顧客と混同している–私たちは、顧客のニーズに真に対応する、製品市場に適合した製品を作成しました。 ピボットする必要はありませんでした。現在の製品は、発売した製品と基本的に同じ価値提案を持っています。 (もちろん、今でははるかに大規模に動作し、はるかに幅広いテクノロジーをカバーし、使いやすく、無数の機能を備えていますが、最初の顧客が購入した製品と同じ役割を果たしています。)

エンジェル投資家、ベンチャーキャピタル、プライベートエクイティグロースなど、各レベルで素晴らしい投資家を見つけることができて幸運でした。彼らは私たちを励まし、助けてくれましたが、ビジネスを運営させてくれました。

私は幸運にもJieSongと提携して開発を率い、彼には中国に優れた開発者でもある友人がいました。当時、中国では修士号と経験を持つ開発者が手頃な価格でした。 (自分のお金がLogicMonitorに資金を提供するために窓から飛び出し、収入がないのを見ていたので重要です…)

LogicMonitorの創設者であるSteveFrancis(左)とJie Song(右)

テクノロジーの面では、テクノロジーの変化率の増加(微積分クラスに戻りたい場合は凸関数)は、LogicMonitorにとって苦痛であり良いことでもあります。 新しいテクノロジーを採用している企業は、それらを監視する必要があります。そして、多くの場合、現在のソリューションでは対処できなかったギャップを埋めるために私たちを連れてきました。 (最初の取引の中には、VMwareの監視に関するものもありましたが、それはかなり新しいものでした。XNUMX年前はVMwareがIPOを行った年でもありました。)もちろん、それは小さな会社として、どのようにスクランブルをかけなければならないかを意味しました。 VMware(またはNoSQL、コンテナー、Kubernetes、Azure、または変更ドライバーのデュジュール)を監視するため。対象範囲の拡大に専念するエンジニアのチームがあっても、それは依然として課題であり、チャンスでもあります。 。

アイデアから実際の企業への道のりは、私の頭が追いついたよりもいくつかの点で速いです。 私がオフィスのXNUMXつを歩き回って、「うわー、これらの人々はすべてLogicMonitorで働いている!」と考えることはめったにありません。 ちょうど今週、パートナーとのミーティングに向かって、誰かが「彼を脅迫すると思うので、あなたを創設者として紹介するつもりはない」と言った。 私は気にしませんでした–私はチャットシステムの技術サポートをしたり、見込み客にコールドコールをしたりしていたので、私が創設者であることを通常は明らかにしないときでも、私はまだ考え方にあります。私たちがどれほど小さかったかを明かすために。

会社の文化(誰と仕事をするか、どのようにやり取りするか)が本当に重要であり、注意が必要であるという決まり文句は、真実であるため、決まり文句です。 LogicMonitorで働くのが大好きです。 初期の頃は、何かを作成する意欲があり、すべての顧客とリリースごとに会社が成長するのを見ていました(お金の出血を止めるために販売が必要になることは言うまでもありません)。 お客さまに喜んでもらえる満足感があり、 値を表現する 彼らはそれから得ます。 私は今でも顧客を訪問し、私たちがどのように支援したかを聞くのが大好きです。 私は今でも、製品のパラダイム内で鈍い技術的問題を解決するという知的挑戦が大好きです。 見本市のブースタイムを楽しんだり、問題を解決していることを人々に説明したりすることも楽しんでいます。 (誰かが見本市に参加してもらい、彼らが着実に目をそらし、接触を避けようとしていたとき、そして会話と多分デモの後で、彼らに「私が来て本当にうれしいです。これにより、見本市全体の旅行が価値のあるものになります」–驚くほど一般的な出来事です。)しかし、私たちが成長するにつれて、現在200人以上の従業員がいます。それが、私が仕事に来るのが大好きな理由です。

私たちの従業員は素晴らしく、すべて本当に仕事が上手です。 そして、彼らは皆、監視、私たちの顧客、そして会社に本当に関心を持っています。 「会社」を気にするというのはどういう意味ですか? それは、良い仕事をしたいということを意味します–何らかの理由(知的挑戦、プライド、競争力など)で彼らを動機づけます。 それはあなたが一緒に働く人々を気遣うことを意味し、それは私たちの顧客を気遣うことを意味します。 ですから、本当の意味で、会社は存在しません。ここにいる人々だけが良い仕事をし、お互いを気遣っています。 しかし、あなたがそのような環境にいるとき–それは働くのに最適な場所です。

将来については? 人々が働きに来るのが大好きな場所である限り、テクノロジーの状況が急速に変化し続けているかどうかに関係なく、お客様とお互いを助けることができます。 そして、私たちはそれを楽しんでいます。

スティーブ·フランシス

創業者

スティーブはLogicMonitorの創設者です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET