November 1, 2018

VMwareLMトラブルシューティング

VMware LMトラブルシューティングは、スクリプトベースのActive Discovery対応データソースであり、ESXに自動的に適用され、ESX / vCenterコレクションが正しく機能することを確認するためにさまざまな設定をチェックします。 問題が見つかった場合は、インスタンスとして報告し、アラートを生成します。



決議

インスタンス名 分解能
ESXサーバーを監視するには、デバイスプロパティ「esx.user」を設定してください。 'esx.user'のデバイスまたはグループレベルのプロパティが欠落しており、収集を完了できません。
ESXサーバーを監視するには、デバイスプロパティ「esx.pass」を設定してください。 'esx.pass'のデバイスまたはグループレベルのプロパティが欠落しており、収集を完了できません。
ログインに失敗しました。「esx.user」と「esx.pass」を確認してください。 プロパティは設定されていますが、正しくないか、vCenter内で権限が正しくない可能性があります。
クラスターとリソースプールを適切に収集するには、「5分」のvCenter統計レベルをインクリメントしてください。 統計レベルは1に設定され、> 1に増やします。
参照
クラスターとリソースプールを適切に収集するには、「5分」のvCenter統計レベルを有効にしてください。 vCenter内で統計ログが有効になっていません。
参照

上記の表にリストされている問題を修正したら、手動のActive Discoveryを実行すると、インスタンスとアラートが削除されます。