LogicModuleアソシエーション

不足しているLogicModule

デバイスが期待されるすべてのタイプのデータを取得していない場合は、AppliesToアソシエーションとActiveDiscoveryのトラブルシューティングが必要になる場合があります。

LogicModuleはデバイスにどのように関連付けられていますか?

まず、 自動プロパティサブシステム デバイスでさまざまなチェックを実行し、カテゴリを含むシステムプロパティを割り当てます。 たとえば、カテゴリはによって関連付けられている可能性があります OID一致.

次に、データソース 適用されます、通常はsystem.categoriesプロパティへの参照による。 システム記述の一部である例外があります。 アプリケーション固有のトークン または 外部から追加されたカテゴリ が必要です。 isWindows()コンビニエンス関数またはその他 LMS 機能も使用できます。

データソースが適用されると、インスタンス 作成されます、単一インスタンスデータソースとして、ユーザーがインスタンスリストを作成および維持する必要があるデータソースとして、または最も一般的には、 アクティブディスカバリー.

トラブルシューティング

デバイスが期待されるメトリックを完全に収集していないように見える場合は、トラブルシューティングのために実行できるいくつかの手順があります。 

  • データソースリストを見ると、このタイプのデバイスに適していますか? 明らかに欠けているものはありますか? たとえば、スイッチの場合、CPUメトリック、インターフェイス、およびホストの稼働時間が表示されると予想されます。
  • データソースが欠落しているように見える場合は、それらの定義への適用を確認してください。 データソースに問題があるか、自動プロパティシステムがホストの種類を検出していません。 後者の場合は、デバイスとアプリケーションに関するヘルプページを参照してください。 
  • デバイスのシステム情報が存在しないか不正確な場合は、自動プロパティが期待どおりに完了しなかったことを意味します。 自動プロパティを確認してください。
  • 基本的な接続を確認してください。 たとえば、SNMPを介して収集するデータソースが表示されない場合は、デバイスでSNMPが有効になっていること、デバイスとコレクターの間でUDP 161が開いていることを確認し、デバイスのプロパティを介してLogicMonitorに正しいコミュニティ文字列が提供されていることを確認します。 
  • ActiveDiscoveryの結果を確認してください。 デバイスを担当するコレクターを見つけます。 デバイスのアクティブな検出セッションを手動でスケジュールしてから、デバイスコレクタのデバッグコマンドを開きます。 !adlistを実行して、アクティブな検出ジョブのリストを取得します。 (オプションのh =を使用してホストでフィルタリングすると役立つ場合があります特定のホストに関連付けられている検出のみを表示する引数。 リストの左側には一連のタスク番号があります。 興味のある発見に対応する番号を見つけてコピーします。
  • ノーザンダイバー社の コレクターデバッグ、検出タスクIDを見つけて、インスタンスを見つけようとした結果を確認できます。 !adetailを実行します関心のあるAD実行の詳細を確認するために。これにより、ホスト、ホストプロパティ、検出されたインスタンスのリスト、および考えられるエラーメッセージが表示されます。 多くの場合、これらのエラーメッセージは、何が問題なのかを正確に説明します。
  • データソースのADタイプを調べて、ADプロセスのシミュレーションを試みます。 そのADメソッドを可能な限りシミュレートし、期待されるインターフェイスが表示されない可能性のあるデータソース定義内のフィルターをテストすることを検討してください。 たとえば、インターフェイスデータソースはデフォルトで接続されていないインターフェイスを除外するか、ステータス2を報告します。 

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET