November 12, 2018

ADFSSSOWebサイトの監視

ADFS(Active Directoryフェデレーションサービス)SSO(シングルサインオン)Webサイトは比較的一般的です。 フォームベース認証を使用してWebチェックを作成することにより、監視が可能です。 ただし、これらのタイプのWebサイトを監視するときにLogicMonitor Web Checkが実行する必要のある追加の固有の手順がXNUMXつあります。WebCheckは、資格情報がWebフォームに渡されて認証される前に、最初にサインインボタンを「クリック」する必要があります。

次に説明するように、ADFS SSOWebサイトの監視を設定するために実行する必要があるXNUMXつの一般的な手順があります。

  1. URLに対して簡単なGETリクエストを作成します
  2. サインインボタンのクリックをシミュレートするPOSTリクエストを作成します
  3. POSTリクエストを作成して、資格情報をWebフォームに渡し、資格情報を認証して、ログインが成功したことを確認します。

ステップ1:URLに対して単純なGETリクエストを作成する

開始するには、Webチェックとその一般的なパラメータを作成します。

  1. 次の項目を選択します。: ウェブサイト| 追加| Webチェック or ウェブサイト| 追加| 内部Webチェック、ネットワークの外部または内部のどちらの場所から監視を実行するかによって異なります。
  2. の指示に従ってください Webチェックの追加 Webチェックの初期パラメータを設定します。 このプロセスの一部として、次の特定のパラメーターを設定します。
    •   ステップXNUMXのURLパス フィールドのリクエストパラメータ、選択 GET リクエストメソッドとして。
    • メディア 予想されるステータスコードの応答 フィールドに「200」と入力します。
    • 前述のように ウェブサイトのプロパティ、サイトのログイン資格情報のマスクされたパスワード値を保持するプロパティを追加します。 このパスワードは、手順3で呼び出されます。
  3. Webチェックの一般的なパラメータを完了したら、[ セールで節約 ボタン。

ステップ2:サインインボタンのクリックをシミュレートするPOSTリクエストを作成します。

このステップでは、Webサイトのサインインボタンをクリックすることをシミュレートし、ステップ3の認証を提示します。

  1. 新しく保存したWebチェックの[ステップ]タブに移動し、[ ステップを追加 ボタン。
  2. 手順1で使用したものと同じルートURLと相対URLパスを参照します。
  3. これらの特定のリクエストパラメータを設定します。
    1. 次の項目を選択します。: POST リクエストメソッドとして。
    2. 次の項目を選択します。: フォーマットされたデータ 投稿データ形式として。
    3. 表示されるドロップダウンメニューから、「x-www-form-urlencoded」を選択します。
    4. XNUMXつのキーと値のペアを追加します。
      1. キー:SignInIdpSite、値:SignInIdpSite
      2. キー:SignInSubmit、値:Sign + In
      3. キー:SingleSignOut、値:SingleSignOut
  4. メディア 予想されるステータスコードの応答 フィールドに「200」と入力します。
  5. ストリーミングを停止する場合は上部の セールで節約 ステップを保存するボタン。

    注意: Content-Typeヘッダーは、「application / x-www-form-urlencoded」のヘッダー値で自動的に追加されます。

    ステップ3:資格情報を渡して認証する

    最後のステップは、認証資格情報をWebフォームに送信し、正常にサインインすることです。このステップは、異なるキーと値のペアの作成と応答内の文字列のチェックを除いて、ステップ2とほぼ同じです。

    1. [ステップ]タブに移動し、[ ステップを追加 ボタンをクリックして、XNUMX番目の最後のステップを作成します。
    2. 手順1と2で使用したものと同じルートURLと相対URLパスを参照します。
    3. これらの特定のリクエストパラメータを設定します。
      1. 次の項目を選択します。: POST リクエストメソッドとして。
      2. 次の項目を選択します。: フォーマットされたデータ 投稿データ形式として。
      3. 表示されるドロップダウンメニューから、「x-www-form-urlencoded」を選択します。
      4. XNUMXつのキーと値のペアを追加します。
        1. キー:AuthMethod、値:FormsAuthentication
        2. キー:ユーザー名、値:[ユーザー名]
        3. キー:パスワード、値:## password ##
    4. 次の特定の応答パラメータを設定します。
      1. から「プレーンテキスト/文字列」を選択します HTTP応答形式 フィールドのドロップダウンメニュー。
      2. メディア この文字列 フィールドに「サインインしています」と入力し(引用符なしで入力)、文字列が「存在する」必要があることを示します。
      3. メディア 予想されるステータスコードの応答 フィールドに「200」と入力します。
    5. ストリーミングを停止する場合は上部の セールで節約 ステップを保存するボタン。