HPiLOモニタリング

創業の背景

HP ProLiant Servers第6世代以降には、SNMPを介してハードウェアステータスを監視できるIntegrated Lights Out(iLO)カードまたはポートが付属しています。 これらのポートを備えたHPサーバーには、監視用に2つのIPアドレスが必要です。ハードウェアのSNMP監視用のiLO管理ポートのIPアドレスと、WMI、SNMP for Linux、またはESXAPIを使用してOSNIC統計を監視するためのオペレーティングシステムのNICIPアドレスです。

 

1.iLOの管理インターフェースにアクセスします

2. [管理]メニューから、次の例のようにSNMP設定がすべて有効になっていることを確認します。 読み取りコミュニティ、トラップコミュニティ、およびアラートの宛先を構成する必要があります。

3.トラップは同じページの下部に設定できます。

以下は、LogicMonitorでこれらを受信する機能をテストするために作成された一般的なSNMPトラップイベントソースです。 テストする トラップの生成と配信、インターフェイスからネットワークケーブルを抜くなどの簡単なテストを試すことができます。 送信が確認されると、トラップEventSourceを変更して、特定のトラップを受信するように包括的にフィルタリングできます。 

 

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET