アラートタイプID

発生するアラートの種類は10種類あります。 以下はそれぞれの例です。 

  • LMD –データソースアラート
    • LMD112299警告– ESXi HP320VMwareホストパフォーマンスDiskWriteLatency
      ID:LMD112299
      ホスト:ESXi HP320
      データソース:VMwareホストのパフォーマンス
  • LME –EventSourceアラート
    • LME10351880エラー– veeambr.windows.labWindowsシステムイベントログ
      ID:LME10351880
      ホスト:veeambr.windows.lab
      イベントソース:Windowsシステムイベントログ
  • LMB –JobMonitorアラート
    • ID:LMB444
      ホスト:ATX-Local-Data-Guard
      バッチジョブ:Splunkの組織の同期
      レベル:警告
    • 開始日:2017-01-16 10:30:00 GMT + 02:00
      終了日:2017-01-16 10:40:00 GMT + 02:00
  • LMS –Webサイトアラート
    • LMS91372675オーストラリア–シドニーの場所からの文字列チェックについて警告
      ID:LMS91372675
      サービス:文字列チェック
      チェックポイント:オーストラリア–シドニー
      データポイント:ステータス
  • LMHC –ホストクラスターアラート
    • ID:LMHC2
      ホストグループ:LAB / SQLクラスターサーバー
      データソース:SQLサービス-
      データポイント:状態
      レベル:警告
      開始:2014-12-11 21:44:59 EST
      時間:10時間8分
      値:アラート中の3.00ホスト
      理由:> 2
  • LMT –アラートスロットリング通知
    • ID:LMT10
      エスカレーションチェーンのSyslogテスト通知について、過去20分間に10を超えるアラートが送信されました。
      レート制限の設定に基づいて、追加のアラート通知が抑制されています。 アラートの詳細については、LogicMonitorポータルにログインしてください。
  • LMA –コレクターに到達できません
    • ID:LMA2
      LogicMonitorシステムは、0001-2015-11 16:19:38 EST以降、Collector LAB \ LMC31からデータを受信して​​いません。
  • LMFコレクターフェイルオーバーイベント
    • ID:LMF27
      LogicMonitorシステムはコレクターからデータを受信して​​いません
      LAB \ LMC0001 2015-10-31 05:55:26EDT以降。 LogicMonitor
      このコレクターによって監視されているすべてのデバイスをバックアップコレクターに切り替えました
      LAB \ LMC0002.

      自動フェールバックは、デバイスをプライマリコレクターに戻します
      ATXLAB \ LMC001 それが回復したとき。 現在、フェールバックはtrueです。

  • LMF –コレクターのフェールバックイベント
    • ID:LMF1
    • LABコレクター1(LAB \ LMC0001)フェイルバック
      LogicMonitorは、すべてのデバイス(453,455,191)をコレクターに戻しました LAB \ LMC0001
  • LMD – ConfigSource
    • ID:LMD3119
    • ホスト:ラボCisco 3560
      Configsource:IOS Configs-running-config
      InstanceGroup:@default
      Configcheck:DifferenceTest

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET