アラートレート制限

アラートスロットルとは何ですか?

またとして知られています レート制限、これは、定義された期間にエスカレーションチェーン内の任意のステージに送信できるアラートの最大数を設定します。 エスカレーションチェーンで定義され、これは、配信が許可されるアラートの最大数である[レート制限アラート]フィールドと、レートで指定されたアラートの数であるレート制限期間によって管理されます。制限アラートフィールドを配信できます。

チェーンの初期段階に配信されるアラートの数がレート制限を超えると、その段階に割り当てられた個人にスロットルメッセージが送信されます。 メッセージは、アラートの数がスロットリングレベルを超えたことを示しています。 この時点から、アラートはチェーンの構成に従って後続のステージにエスカレートされます。 ただし、スロットルメッセージはエスカレーションされず、引き続き第XNUMX段階に送信されます。

これはどこで有効になりますか?

レート制限は、[設定]-> [エスカレーションチェーン]-> [管理]に移動して、エスカレーションチェーンごとに定義されます。

アラートスロットリングは何をしませんか?

よくある誤解は、レート制限はインスタンスレベルのアラートにのみ影響するというものです。 つまり、1分(30/1)のレート制限期間に30のレート制限を設定した場合、問題のインスタンスについて1分ごとにXNUMXつのアラートしか受信しません。 たとえば、使用率の高いWinCPUアラートは、XNUMX時間にXNUMX回だけアラートを生成することを期待します。

これが実際に意味するのは、アラートが制限されているということです そのアラートルール/エスカレーションチェーンの組み合わせを現在使用しているホスト。 アラートルールの定義によると、これには複数のデータソースが含まれる場合があります。 上記の例を使用すると、実際のアラートがXNUMXつ取得され、その後に生成されるすべてのアラートがレート制限をトリガーします。 これにより、アラートの配信が失われる可能性があります。

この場合、代わりに検討してください トリガー間隔の調整 制限するのではなく、個々のデータポイントに対して  ホストのアラート。

受信するメッセージ数の頻度を減らす別の方法は、エスカレーション間隔を調整します アラートルールで定義。 たとえば、60分に増やすと、次のステージにエスカレートする前に、より多くの時間が経過する可能性がありますが、他のアラートのフローも制限されません。

構成例

レート制限期間(分) レート制限(アラート) Result
20 10 10分ごとに最大20個のアラートが許可されます。 これがデフォルトであり、推奨されるベストプラクティスです
30 1 1分ごとに最大30つのアラートが許可されます。 上記の例では、これは通常理想的ではありません。
60 5 5分ごとに最大60つのアラート。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET